モルディブの先駆的なラグジュアリーリゾートアミラフシは、今年の大晦日イベントに出演する豪華なラインアップを発表しました。一年で最も盛り上がるパーティーのメインアーティストに、輝かしい受賞歴を誇るイギリスのシンガー・ソングライター、エラ・エアを招聘します。イギリス最高峰の音楽祭典「BRITアワード」の受賞と、イギリスのブラック系音楽賞「MOBOアワード」での2冠同時獲得を果たしたエラによるライブは、BBC Radio 1の番組「ドライブタイム」のホストを務めるニック・グリムショーに加え、モデル出身のイギリス人歌手ピクシー・ゲルドフによる特別なDJ演奏の後に予定されており、ゲストは、一体感とお祝いムードに包まれた熱狂の一夜に酔いしれることでしょう。エラのパフォーマンスでは、来年リリースが噂されている新アルバムの楽曲をいち早く聴けるかもしれません。大ヒットした2015年のデビューアルバム「Feline」に続く待望のアルバムです。

Festive Entertainers

毎年ホリデーシーズンを盛大に祝うモルディブのアミラフシは、豪華なスターを招聘し、趣向を凝らした祝賀イベントで有名です。遊び心にあふれた一連の企画は、大晦日の夜に最高潮に達します。今年は、“party of the century”(世紀を祝うパーティー)をテーマに、狂騒の1920年代から2020年まで、ダンスパフォーマンスを通じて100年を一夜で振り返ります。アミラフシは、ポップ音楽の歌姫リタ・オラが主役を務めた昨年に引き続き、イギリスで最もエネルギッシュで爽快なライブパフォーマーの一人、エラ・エアの出演が決定したことに興奮を隠しきれません。2013年、ナルディメンタルとのコラボ曲「Waiting All Night」が全英シングル1位を記録し、販売枚数がダブル・プラチナ認定されたことによりブレイクしたエラは、ソロシングルのトップ20、BRITアワードのベストシングル賞、さらに、MOBOアワードの最優秀新人賞と最優秀女性アーティストの2冠を立て続けに獲得しました。香水「エンポリオ・アルマーニ・ダイヤモンド」の顔にビヨンセに続いて抜擢されたほか、Sure、Bose、ASOSなどのハイブランドとのコラボキャンペーンも展開しています。エラ自身が、近い将来2枚目のソロアルバムをリリース予定であることを認めており、2020年末ワールドツアーの開催も噂されています。

Amilla Fushi - Aerial shot - 1

主役を務めるエラの登場に先立ち行われる年越しカウントダウンは、昨年同様、BBC Radio 1の人気プレゼンター、ニック・グリムショーによる賑やかなDJ演奏です。そして、ピクシー・ゲルドフによるDJ演奏も見逃せません。彼女の高い音楽性は、アイルランドのシンガーであり、政治活動家でもある父親のボブ・ゲルドフ譲りで、「Do They Know It’s Christmas Time」を親子で制作したことでも知られています。バイオレットというバンドのリードヴォーカルを担当していたピクシーは、2016年にデビューアルバム「I’m Yours」をリリースし、ソロ活動をスタートしました。アルバムをプロデュースしたのは、The Kooks、The Thrills、Supergrassを含む数多くのアーティストのプロデュースを手掛ける、名匠トニー・ホッファーです。ピクシーはDJとしての人気も高く、グッチ、カルバン・クライン、ルイ・ヴィトン、ハッカサンなどの多くのイベントに出演しています。

Amilla Fushi - night shot of the Baazaar 7

追加料金不要で全宿泊ゲストが楽しめる大晦日のパーティー“Twenty Twenty”は、美しい夕陽が水平線に沈む頃、1920年代の“狂騒の時代”から始まります。ジャズの生演奏、禁酒法時代に密造されたカクテル、アールデコ装飾の潜り酒場、ギャング、チャールストンを踊るフラッパーガールなど、当時のアメリカを再現します。日没後には50年代のベビーブーマー時代がビーチに“ドライブイン”。50年代のアメリカをフィーチャーしたインタラクティブなカーニバルが繰り広げられます。続いて、60~70年代に台頭した花を着飾ったヒッピーたちが振る舞う、CBD(カンナビジオール)オイルベースの前菜とデザートと共に、80年代を象徴する“ディスコな”ブッフェをお楽しみいただけます。Area 51のパフォーマー達による各時代を再現したエンターテインメントが、ゲストを魅了します。そして、パーティーはマリーナに会場を移し、3名のスターによる特別なライブパフォーマンスと、盛大な花火で新年を迎えます。

豪華なアーティストが揃う大晦日パーティーに加え、ホリデーらしい料理のサプライズもご用意しています。アミラフシのシグネチャー水上レストラン「Feeling Koi(フィーリングコイ)」では、日本人のゲストシェフ・ヒロが腕をふるう美しい寿司、刺身を取り揃え、海に囲まれた絶好のロケーションで賞味できる風味豊かな和食の世界へとご案内します。他にも居心地の良いグルメハブ「Baazaar(バザール)」にてテーマ別の夜のイベントや、魔法にかかりそうな「Mystique Garden(ミスティークガーデン)」にてうっとりするようなダイニングをお楽しみいただけます。さらに、オーストラリアの人気サッカー選手でエヴァートンのMFとしても大活躍した、ティム・ケーヒルが、若いサッカー選手たちをインスパイアする4日間のトレーニングキャンプを開催します。5歳から8歳のキッズ、9歳から16歳のティーンを対象とするキャンプは、アミラフシ所有のフルサイズのピッチを使用し、オーストラリア代表として最多得点を誇るケーヒルによるエリートコーチングにより、最大限のスキルとパフォーマンスを引き出します。

Feeling Koi 4

アミラフシの7泊の Festive stay(フェスティブステイ)は、プール付き「ラグーン・ウォーター・ヴィラ」を大人2名でご宿泊の場合、お一人様 USD10,415(税・サ別)よりご利用いただけます。朝食、水上飛行機による送迎、大晦日のイベント“Twenty Twenty”(トゥエンティ-トゥエンティ)への参加特典を含みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation