ドーチェスター・コレクションが誇るミシュランスターのカントリーハウス・ホテル、カワース・パーク(イギリス・アスコット)は、2019年7月よりドン ペリニヨンとの特別コラボレーション企画として夏季限定の野外ダイニング「ダイニング・アンダー・ザ・スターズ」を開催しています。

Coworth Park Dining Under The Stars (2)

本企画では、エクゼクティブ・シェフのアダム・スミス自らゲストをお出迎えし、ライム果樹園に特別に設けた半球形のジオデシックドームで、星空を眺めながら楽しむプライベートなダイニング体験をご提供します。世界最高峰のシャンパンとして名高いドン ペリニオンとの至高のマリアージュを奏でるスペシャルメニューをご用意しており、ドン ペリニオン プレニチュード2、ドン ペリニヨン ヴィンテージ ブラン、ドン ペリニヨン ロゼを含む厳選した種類とのペアリングをご堪能いただけます。

Coworth Park Dining Under The Stars - Executive Chef Adam Smith

興奮と感動をお届けする3皿~5皿の美味しいコース料理のディナーのほか、珠玉のスイーツとセイボリーが至福の時間を彩るアフタヌーンティーも企画されています。ディナーコース、およびアフタヌーンティーは、カワース・パークの美しい野外ダイニングのセッティングにちなんだ星座の名前が付けられています。夜間は、望遠鏡による天体観測もご体験いただける予定です。

H8VJV_54565269_Meadow_Afternoon_Tea_with_Champagne_(high_res)

ディナーのメニューは、「ラングスティーヌ(アカザエビ)、トマト、キムチ、ジンジャー添え」、「イングランド・ケント風ラム肉のケバブ バターミルク、キュウリの塩漬け、ミント添え」、「子牛のBBQ ガーデンサラダ、タンの酢漬け、トリュフ添え」、「イングランド・ケント風マンゴー&ココナッツのソルベ ライム&チョコレートミント添え」など、イギリスならではの料理が含まれる予定です。

H8VJV_44472285_Coworth_Park_exterior_from_croquet_lawn

ドン ペリニヨン×アダム・スミス カワース・パーク特別メニューパッケージ

 

Coma Berenices(コウマ・ベラナイシーズ、かみのけ座)

3皿コース シャンパン「ドン ぺリヨン」とのペアリング付き

お1人様:£200 

Equuleus(エクレウス、子馬座)

4皿コース シャンパン「ドン ぺリヨン」とのペアリング付き

お1人様:£275

Libra(リーブラ、天秤座)

5皿コース シャンパン「ドン ぺリヨン」とのペアリング付き

お1人様:£350

Cassiopeia(カシオペア座)

5種類のメドー・アフタヌーンティー シャンパン「ドン ぺリヨン」とのペアリング付き

お1人様:£85

「ダイニング・アンダー・ザ・スターズ」は、7月~9月中旬までの開催を予定しています。

Six_Senses_Loire_Valley2_LOW

シックスセンシズ ロワールバレーの古城
高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

世界有数の非日常的なデスティネーションを発見し、特別な体験を創り出すことで世界的に高い評価を受けているシックスセンシズ ホテル リゾート スパグループは、この度新しいリゾート開発を発表しました。

パリから車で約90分の距離に、息をのむほど美しいロワール渓谷があります。ユネスコの世界遺産にも登録されており、歴史的な古城、中世の街並み、美味しいワインと食事、手つかずの自然で有名です。シックスセンシズ ロワールバレーは、その中心部に位置するサン・ローラン・ヌーアンに建設予定です。

周辺環境と地域コミュニティの価値を包含する開発はシックスセンシズの神髄であり、本リゾート開発でもそのコンセプトは変わりません。1,400エーカー(560ヘクタール)の敷地に建設予定のリゾートは、世界屈指の名門ゴルフコース「レ・ボルド・ゴルフクラブ」が位置するレ・ボルド領地内にあり、周辺はソローニュの広大な森に囲まれています。乗馬クラブ、テニスセンター、オーガニック農園、アートギャラリー、ふれあい農園、水泳可能な自然の湖、ビーチ、ウォータースポーツ、サイクリングとウォーキング用コースを含む幅広い施設が計画されており、年齢を問わず楽しめる多彩なアクティビティが企画されています。レ・ボルド・ゴルフクラブの2つの18ホールコースは会員制として運営が継続される一方、リゾートゲストは、世界に名立たる設計家ギル・ハンスが新たに手がけるパー3のショートコースと最先端のゴルフ練習場をご利用いだけます。

「ラウンドシールド・パートナーズ社と共同で大変ユニークなプロジェクトに取り組めることを非常に幸運に思います。本プロジェクトは、世界的に有名な観光地に新しい風を吹き込むと同時に、ヨーロッパにおけるシックスセンシズグループのポートフォリオにおいて重要な役割を果たします。シックスセンシズ ロワールバレーは、ブランド価値の核心であるサスティナビリティの理念に沿ってデザインされ、ロワール渓谷の比類なき美しい景観や歴史文化を楽しみたい経験豊富なトラベラーや自然愛好家、そしてアウトドア愛好家にとって魅力的なリゾートになるでしょう。」とシックスセンシズ ホテル リゾート スパグループ社長のニール・ジェイコブスは述べています。

シックスセンシズ ロワールバレーのゲスト体験は、美しく保全されている古城での歓迎から始まります。洗練されたレストランとバーを備える古城は、美しい庭園でゲストを魅了します。幾何学的な芝生や彫刻のように刈り込まれた木々、そして水を活かしたデザインが特徴の庭園は、内面を見つめる瞑想と再調和の体験をより特別なものとします。また、湖畔の絶景に佇む13~15世紀に修道院として建てられた歴史的建造物を中心に多くのアクティビティが計画されています。

スイートとヴィラを含む広々とした88室のゲストルームが計画されており、森の中の小川に沿って点在するように配置されます。この他に、個人所有が可能な70室のレジデンシャル・ヴィラのためのエリアも用意されています。レジデンシャル・ヴィラのオーナーは、私邸としての居住性を満喫できるだけでなく、シックスセンシズ ロワールバレーならではの各種アメニティや特典をご利用いただけます。また不在時は、リゾートのゲストルームとして運用することも可能です。

シックスセンシズ スパは、リゾートの中核となる施設です。シックスセンシズのシグネチャーメニューのほか、地域特性を生かしたトリートメントも提供します。リゾートの薬草庭園で栽培したハーブはスパのトリートメントやアルケミーバーでのワークショップで使用されます。さらに、オーガニック農園やアースラボと連携したサービスも企画されています。アースラボでは、リゾートが取り組む各種保全イニシアティブについて紹介します。

食事は、美食家も唸るロワール地方ならではの贅沢なガストロノミーが中心となります。古城内のレストランとラウンジバーでは、ロワール地方伝統の味とスタイルを生かした料理を一日を通じて提供します。Eat With Six Senses(6感で味わう食事)に基づくスペシャルティレストランでのダイニング体験は、体にも環境にも良い食事について再認識するきっかけになるでしょう。

最新鋭の設備を備えたミーティング&カンファレンスセンターでは、控室などの関連施設はもちろんのこと、ウォールド・ガーデンを含む屋外ミーティング施設やポップアップ式のアクティビティもご用意します。ご希望に応じて、ロワール地方の絶景、建築遺産、古城、ワイナリーを楽しめる伝統的な街を巡る小旅行も経験豊富なチームが手配します。

シックスセンシズ ロワールバレーは、ヨーロッパの特別な投資を専門とする投資会社ラウンドシールド・パートナーズ社と提携して開発が進められます。

「シックスセンシズと提携し、レ・ボルド領地においてユニークなホテルとライフスタイルを提案するプロジェクトを開発できることを喜ばしく思います。シックスセンシズのブランド精神である、ラグジュアリー、自然と周辺環境との調和、自己成長、健康、ウェルネスの増進は、本開発における我々のビジョンと完全に一致しています。我々は、リゾート内外において家族全員が楽しめる無数のアクティビティを提供するコミュニティ作りを進めており、この取り組みにシックスセンシズが参加することに興奮しています。」とラウンドシールド・パートナーズ社マネージングパートナーのドリス・ベンキラン氏は述べています。

シックスセンシズ ロワールバレーは、2022年5月にオープン予定です。

世界に9つのラグジュアリーホテルを所有するドーチェスターコレクションのパリのホテル、ル・ムーリスはこの度、29部屋をリノベーションしました。最上階に位置するルーフトッ プスイートルーム、ベル・エトワール 620 平米の広さを誇り、このスイートからは、パリを 360 度見渡せます。今回のリノベーションは、ル・ムーリスの 200 年の歴史の中で、ホテルをこよなく愛してきた、芸術家や思想家にインスピレーションを受けてデザインされました。

1

ル・ムーリス、パリ

18 世紀のクラシカルな内装とコンテンポラリーシックが美しく融合したル・ムーリスの客室は、1835 年より進化し続けしています。ル・ムーリスはフランス伝統のパラスホテルに求められるエレガンスを体現しています。目の前に広がるチュイルリー公園やルーヴル美術館、エッフェル塔など、パリの歴史的建造物を全て眺められる絶好のロケーションを誇ります。回転ドアを潜り抜けた瞬間、ホテルに漂う空気を感じると、ル・ムーリスが、サルヴァ ドール・ダリやパブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホールからファレル・ウィリアムスまで、多彩な芸術家や思想家に愛され続けてきた理由が分かります。ル・ムーリスでは館内にアートが溢れています。長い歴史の中で多くの芸術家たちがこの場所に集ってきました。パブリックエリアを手掛けたデザイン界の風雲児フィリップ・スタルクと、全ての部屋の内装を担当したインテリアデザイナー、シャルル・ジューフルのセンスがあらゆるところに光ります。ガストロノミーもまた、アートの域に達しています。ミシュランガイドで 2 つ星を誇るレストラン、ル・ムーリス アラン・デュカスでは、総料理長のジョスラン・エルランがパリで最も美しいと謳われているダイニングルームで腕を振るい、スターパティシエのセドリック・グロレは日々斬新なパティスリーを生み出しています。

2

内装

3

この度の改装で、29の部屋とスイートルームが生まれ変わりました。全て 3 階から 6 階に位置し、各部屋よりパノラミックビューを楽しんで頂けます。ル・ムーリスの内装は10年前よりデザイナーのシャルル・ジューフルに託されています。オペラ・ガルニエの素晴らし いカーテンやエリゼ宮のサロンをも手掛けた彼は、今回の改装を、若いデザイナーカップル、ステュディオ       ラリ&ベルジェ(Studio Lally & Berger) に託しました。フランスの職人技を愛するこの二人のデザイナーは、2  年前にもル・ムーリスとコラボレーションをして、ポンパドゥール・スイートを完成させています。デザイナーたちは、“現代のヴェルサイユ宮殿” という軸を基に、エレガントでありながら斬新な空間作りを目指しました。自然光を最大限 に取り込み、シルクや、ダマス織、ベルベットといった素材をふんだんに取り入れました。 家具は全てオーダーメイドで、壁にはパリ市の歴史を辿る絵やデッサンが飾られています。

4 5

“この改装で大切にしたコンセプトは、ル・ムーリスの歴史が始まった時代である 18 世紀フランスのスタイルに忠実でいることでした。華美な装飾をできるだけ取り除き、現代の空気感を纏わせるために、モダンな色彩や素材を加えました。また、全てに快適さを追求したテクノロジーを取り入れました。ライティングの調整や、生地の質感、美術品など、素材の組み合わせやバランスを考えて作っています。例えば生地は、通常ホテルの部屋には使われないような最高級のものばかりです。お客様に快適性をご提供するのは当然のことですが、細部まで手を掛けた上質な内装によって、200 年の伝統を誇るル・ムーリスの歴史と拘りを五感で楽しんで頂ける空間になったと思っています。” 総支配人フランカ・ホルトマン

 6

ロケーション

リノベーションされた全ての部屋からパリを一望でき、最も美しいパリの歴史的建築物を楽しめます。ルーヴル美術館、エッフェル塔、アンヴァリッド、凱旋門、そして目の前に広がるチュイルリー公園。日が暮れると、パリの街が宝石のように輝きだし、ここは光の街パリなのだと確信して頂けます。

ベル・エトワール・スイート

フランス語で美しい星を意味する名前の通り、この 7 階に位置するスイートは溜息の出る美しさです。ベル・エトワールは、洗練の代名詞であり、パリを 360 度眺められる景色は心に残る想い出となるでしょう。ブロンズやシルバー、高品質オーク材をふんだんに使った内装には、アトリエ シャルル・ジューフルによってオーダーメイドで作られた上質な家具を置いています。ダイニングスペースには、ギャラリー・ナタリー・オバディアの現代アーティスト、キャロル・ベンザケンのカラフルな作品が飾られています。10 名までディナーできる空間で、続くサロンスペースではホームシネマを楽しめます。ベッドルームからはサクレ・クール寺院とオペラ座を眺められ、総大理石のバスルームでリラックスして頂けます。

7

このスイートのもう一つの素晴らしい魅力は 295 平米のテラスです。フランスの有名なガーデンデザイナーであるピエール・アレクサンドル・リセール(Pierre-Alexandre Risser) が手掛けたテラスは、まるで天空の庭のようです。ベル・エトワールは合計で 620 平米で、パリで最も大きいスイートの一つとなります。新鮮なル・ムーリスへどうぞお越しください!

9 10

シックスセンシズスパニンバンベイベトナムは、大規模改装を終え、リフレッシュした新しい装いを発表します。6室のトリートメントルームのリノベーションに加えて、ニンバンベイのパノラマビューを楽しめるスパの上階に、自然の静寂に包まれた瞑想専用サラ(東屋)や屋内空中ヨガスタジオ、そして最先端のフィットネスセンターを完備し、より充実したサービスを提供できるようになりました。

Spa_treatment_room

美しい熱帯雨林と階段状に流れる滝に囲まれたトリートメントルームは、自然光が差し込む明るく風通しの良い空間へと進化しました。そして、空中ヨガを楽しめる屋内スタジオが新たに設けられ、リゾート内で実践できるヨガの選択肢が増えました。空中ヨガは、加齢に伴う疼きや痛みを和らげるためのエクササイズとしても最適です。ユニークな浮遊感を体感できるこのヨガは、体のバランスを整え、さらに幸せホルモンの分泌や柔軟性の改善に役立ちます。新しい瞑想用サラは、自然に囲まれた真の静寂空間です。心に落ち着きをもたらし、穏やかに瞑想を実践できます。最近visiting practitioner(訪問専門家)としてブータンからLama Sherab氏を招聘し、瞑想の指導やスピリチュアルに関する講和を行っていただきました。アルケミーバーで開催されるインタラクティブなワークショップでは、ローカルな材料を混ぜ合わせてスクラブ、マスク、ボディラップの作り方を学ぶことができ、完成品はスパのトリートメントで実際に使用されます。

Flying_yoga

さらに深くウェルビーイングに取り組みたいゲストは、Six Senses Wellness Screening(シックスセンシズのウェルネス・スクリーニング)をご利用いただけます。リゾート専属のウェルネス専門家と自然療法医によるスクリーニング分析を通じて、体内で何が起きているのか最新の情報を知ることができます。身体組成、代謝、酸素分布、心機能、血液循環、ストレスパラメーターなど、主要な生理学的バイオマーカーを分析します。そして、分析結果に基づき、ゲストのニーズに合わせてパーソナライズされたウェルネスプログラムをご提案します。

Wellness_screening

現代社会の共通の悩みに幅広く取り組む3~7日間のホリスティックなウェルネスプログラムも新たに加わります。例えば、Sleep program(睡眠プログラム)では、Six Senses Sleep Doctor(シックスセンシズの睡眠専門医)による実践的なアドバイス、ヨガニドラ、瞑想、リラックス効果のあるトリートメント、ウェルネスセラピー、低負荷トレーニングを組み合わせて、心の休息と体の回復を図ります。スパのDetox program(デトックス・プログラム)では、非侵襲的なヨギッククレンズ方法で体のデトックスを促進します。クレンジングセラピーとホールフードのセンシブル・イーティングに基づく食事法を、個人に合わせて調整しながら安全に実践します。フィットネスレベルの改善、ボディの引き締め、エネルギーレベルの向上、気分の好転が期待できるFitness program(フィットネス・プログラム)では、ムーブメント、高負荷と低負荷のトレーニング、ナーチュリング・トリートメントを集中的に行います。どのプログラムもウェルネス・スクリーニングから始まり、パーソナライズされたトリートメント、アクティビティ、食事に関するアドバイスが含まれています。積極的に摂取すべき食べ物、逆に避けたほうが良い食べ物を含む具体的な食事方法は、ご滞在中はもちろんのこと、ご帰宅後も実践していただけるでしょう。

Meditation_Sala

「シックスセンシズスパ ビレッジは、シックスセンシズのブランドバリューに合わせて強化され、生まれ変わりました。」とシックスセンシズニンバンベイの総支配人であるAteeb Shrestha(アティーブ・シュレスタ)は述べています。「ニンバンベイの素晴らしい自然環境により、体と心が再びつながり、調和を再発見する事が促進されるでしょう。」

Bamboo_Massage_for_Vietnamese_Journey_Ritual

ホリスティックなウェルネスプログラムは、USD 650(1室1名様ご利用)、USD 910(1室2名様ご利用)よりご利用いただけます。詳細及びご予約は、シックスセンシズスパニンバンベイ(Tel: +84 258 372 8222 )または、reservations-ninhvan-spa@sixsenses.comまでお問い合わせください。