モルディブバァ環礁の12のリゾートが1つのベスト・ダイニング・デスティネーションに!

2

初めて開催した昨年の成功を受けて、今年もバァ環礁のリゾート同士が手を組み、第2回目となる「バァ・アトール・サマーフェスティバル」を開催します。各島を巡りながらユニークなダイニング体験を楽しむこのお祭りは、7月8日から21日まで開催され、各リゾートのベスト・ダイニングが集結します。バァ環礁の12軒の最高級リゾート、アミラフシ, アナンタラ・キハバー, ココパーム ドゥニコル, ドリームランド, デュシタニ, フィノール, フォーシーズ・ランダー・ギラーヴァル, リーティビーチ, ロイヤルアイランド, ソネヴァフシ, ウェスティン・モルディブヴァッカル・モルディブがコラボレートし、“夏に絶対行きたいデスティネーション”としてバァ環礁全体の魅力をさらに高めます。

Baa Atoll Festival 2018 - opening ceremony - Amilla Fushi

オフィシャルなオープニングナイトを迎える2019年7月7日(日)は、ゲストと一緒に祝うサンセットカクテルイベントが各リゾートで開催されます。そして、翌日8日(月)から2週にわたり、それぞれのリゾートが指定された夜に特別なセットメニューを用意し、他リゾートのゲストをもてなします。ワイン1杯が付いた3皿コースメニュー(120ドル+税/1名様)を各リゾート自慢の「ダイニング風景」と共にお楽しみいただけます。また、お子様向けの特別メニューも用意します。特別セットメニューを披露する担当リゾートが、他リゾート間との送迎を無料で手配するほか、25ドル(+税/1名様)~で、ご希望のリゾート間の移動をアレンジすることも可能です。

このサマーフェスティバル期間中、各リゾートでは家族全員が楽しめるようにビーチアクティビティ、ウォータースポーツ、環境保護イベントまで、内容豊富なスケジュールを用意しています。ゲストとスタッフの両方が参加しリゾート間で競うビーチバレーボール大会や、清掃活動を行うフルムーン・アイランド・クリーンアップ・デイが、今年から新たにスタートします。2019年7月22日(月)のフェスティバル最終日には、ユネスコ生物圏保護区の砂州の中心部に12軒のリゾートが一堂に集まります。一致団結したパートナーシップを象徴する閉会式のほか、リゾートゲストをもてなすビーチパーティー、総当たり戦のビーチボール大会の決勝戦、カタマラン・レガッタレースでフィナーレを祝します。 3

2018年 バァ・アトール・サマーフェスティバルの様子はこちら
最新のビーチアクティビティやイベント、メニュー情報は、専門のウェブサイトbaaatollfestival.com、又はインスタグラム@Baa_Atoll_Festivalをフォローしてください。

東インドネシア諸島の3つの主要海岸エリアを航海するアクア・ブル

アマゾン川のラグジュアリークルーズを進化させる新鋭アクア・ネラ

1

アクア・ブルとアクア・ネラの両船内では、アクア・エクスペディションズならではのゲストとクルーの比率が1:1という手厚いパーソナライズされたサービスや、有名シェフが監修するワールドクラスのダイニング体験をお楽しみいただけます。2019年5月8日より、両船ともにクルーズの予約を開始します。

アクア・ブル:冒険心をかき立てる世界屈指の秘境を航海する唯一無二の旅

2

アクア・ブルのクルーズは、コーラル・トライアングルの中心エリアと伝説的な香辛料貿易ルートを横断しつつ、 世界有数のダイビングやシュノーケリングのスポットに加え、豊かな野生動物、独自の文化や伝統を誇る熱帯の島々を訪れます。 高性能の設備を完備するアクア・ブルは、横揺れをコントロールする最新技術を搭載したスタビライザーも導入し、航海中も停泊中も最上級の快適性をご提供します。

探検船として最上級の客室と設備、さらに有資格スキューバダイビング・インストラクターを含むハイレベルのクルーがゲストをお迎えします。3種類のグレードに区分される合計15室のスイートルームは、全室から海を眺望できるように配され、それぞれ異なる内装をお楽しみいただけます。船上では、屋外プランジプールやスパを含む社交エリアでごゆっくりお寛ぎいただけると同時に、備え付けのダイビング、シュノーケリング、カヤック、スタンドアップ・パドルボードなど最上級の用具で、非電動式のウォータースポーツもご満喫いただけます。有資格ダイバーや経験豊富なガイドが案内する、様々なエクスカーションの開催も予定されています(ダイビングのエクスカーションは、スキューバダイビングの資格をお持ちの方のみご参加いただけます)。

アクア・ネラ:ペルーのアマゾンで最新鋭のラグジュアリークルーズ船

3

アマゾンで最新鋭のクルーズ船として設計、建造が進められているアクア・ネラの内装は、黒褐色のラグーンをはじめとする、アマゾン川やパカヤサミリア国立保護区に広がる同地域ならではの大自然をトリビュートしたラグジュアリーなデザインでまとめられています。アマゾン川のゴム・ブーム時代と、ポルトガル、スペイン、ペルーのカラフルな文化にインスパイアされた手の込んだアクセントが、さらにデザイン性を高めています。

アマゾン川を眺望できる合計20室の広々としたスイートルームは、サスティナブルなダークカラーの木材を使用することで、安寧なアマゾン地域が醸し出す温かく上品な雰囲気を室内にも反映しています。レストラン、ラウンジやスパを備える社交エリアも、同様のデザインフィロソフィーによって内装が施されます。社交エリアには、リバービューを楽しめるプランジプールやジムも完備される予定です。

アクア・ネラ船上でも、アクア・エクスペディションズとセレブシェフのペドロ・ミゲル・スキアフィーノとのパートナシップによる極上の料理をお楽しみいただけます。アマゾンのみで育つ食材を生かしたメニューで有名なスキアフィーノ・シェフのペルー料理は、サスティナビリティと地域コミュニティーのサポートにコミットするアクア・エクスペディションズの理念と共通しています。