カラフルなヒマラヤの王国ブータンに位置するシックスセンシズ ブータンは、ティンプー、パロ、プナカ の3軒のロッジを先行してオープンしました。国民総幸福量(GNH)の価値観に基づいた暮らしで有名な  ブータンは、手つかずの自然と独自の文化で世界中のトラベラーを魅了しています。シックスセンシズ   ブータンは、ブランド理念のウェルネス、サスティナビリティ、特別な体験を叶える旅と、ブータンの伝統文化、温かいおもてなし、スピリチュアリティを融合させたオリジナルのサービスでゲストをお迎えします。

シックスセンシズ ブータンは、ブータン西部と中央部に広がる5つの美しい谷に建つ個性豊かな珠玉のロッジを起点とするユニークなアドベンチャーを提供します。ヒマラヤの絶景を楽しむハイキング、原生林の森でのトレッキング、日の出を拝むサンライズ瞑想、占星術、バターランプを灯すセレモニー、ホリスティックなスパトリートメントなど、神秘の国ならではのアクティビティをご堪能いただけます。ご自身や世界を見つめ直す素晴らしい体験がゲストを待っています。

PunakhaHRESプナカ_low  loungeHRESディンプー_low  bathtubHRESパロ_low

個性的な5軒のロッジは、ゲストがローカル文化に完全に溶け込めるようにデザインされており、ブータンの多様な文化とユニークな地勢を象徴しています。ロッジから一望できる神秘的な美しい景色と、ブータンの繊細な建築デザインを取り入れた内装デザインが、シックスセンシズ ブータンでの特別な滞在を演出します。天然木材のブータン家具、ブカリ(ブータン伝統の薪ストーブ)、野菜で染められたアンティーク風ヒマラヤの ラグマットを備えた広々とした空間で、ごゆっくりおくつろぎください。

Bridge_in_Thimphu_[8085-MEDIUM]  Punakha_Dzong_[8080-MEDIUM]

シックスセンシズ ブータンの総支配人サリー・ボーゲンは、次の通りコメントしています。「手つかずの 自然や伝統的な信仰が今なお残るブータンは、まさに私たち人類の故郷です。シックスセンシズ ブータンにゲストの皆様をお迎えできることを大変嬉しく思います。シックスセンシズ ブータンの扉を開けて中に一歩踏み出せば、人生を変えるとっておきの体験がゲストを待っています。世界に残る数少ない秘境でのアドベンチャー、多様性豊かな文化、平穏な環境、人生を豊かにする文化体験など目白押しです。建築、文化芸術、歴史、スポーツ、野鳥観察、原生植物の探索、瞑想、スピリチュアリティ、ウェルネスなど、ゲストが求めるあらゆる種類の特別な体験をご用意しています。」

Paro_spa_treatment_room_[7147-MEDIUM]  Private_Dining_Room_wallpaper_at_Thimpu2_[8097-MEDIUM]

シックスセンシズ ブータンの基本理念であるサスティナビリティは、エネルギー、水、ごみ、購買品、化学物質のすべての使用を最小限に抑える徹底したリゾート管理に反映されており、国内森林資源の60%を常に維持するよう法律に定めるブータン政府の自然保護政策と合致しています。さらに、ブータンのGNHの4つの柱「持続可能な開発・発展」「環境保護」「文化的な遺産の保存」「しっかりとした統治」は、シックスセンシズ ブータンのアイデンティティ、デザイン、運営の隅々までしっかりと織り込まれています。

Sustainable_Village_in_Paro3_[8238-MEDIUM]

アクセス:ブータンにはドゥルックエアーとブータンエアラインズの2社が就航しています。バンコク、ニューデリ―、コルカタ、シンガポール、カトマンズ、ダッカ、バグドグラ、グワーハーティー、ガヤーからの国際線をご利用ください。国内の移動には、パロとブムタンを結ぶ国内線、ブータンエアラインズのパロ空港からのヘリコプターチャーター、またはプライベートジェットをご利用いただけます。

 

現在、ティンプー、パロ、プナカの予約を受け付けています。オープン記念スペシャル料金は、3月31日まで有効です。4月1日以降は通常料金が適用されます。ガンテとブムタンの2軒は2019年の夏にオープン予定です。

オープンを記念するスペシャル料金は、公式ウェブサイト(www.sixsenses.com)または提携先の旅行会社を通じてご利用いただけます。2食付きの宿泊プランを3食付きのプランに無料でアップグレードできる特典もご用意しています。さらに、5泊以上の連泊には、運転手と英語のガイド付き専用車をご利用いただける特典

も付いています。
“幸せの国”ブータンからの“幸せのおすそ分け”(オープン記念スペシャル料金や特典)をぜひこの機会に ご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation