バンコク、2020年1月13日 – IHG®(インターコンチネンタル ホテルズ グループ)は、週末にかけて華やかな祝賀イベントを開催し、同ラグジュアリーブランドのプーケットデビューとなる、インターコンチネンタル・プーケット・リゾートのオフィシャルオープンを祝いました。

InterContinentalPhuketResort_SawanHeavenlyPavilion

ラグジュアリーなインターコンチネンタル・プーケット・リゾートは、風光明媚なプーケット西海岸の同島屈指の一等地に立ち、ミリオネアマイルとアマンプリの間に位置するカマラビーチを臨む絶好のロケーションです。プーケットの自然景勝からインスパイアされたビーチフロントのリゾートは、221室のエレガントな客室とヴィラでゲストをお迎えします。南国の常緑樹の森に囲まれた客室の目の前には、アンダマン海を見渡す見事な景色が広がります。

InterContinentalPhuketResort_ClubOceanSuite

タイの伝統的な視覚芸術と建築美を表現した建築デザインは、バンコクに拠点を置く著名な設計事務所、Habita Architects(ハビタ・アーキテクツ)が手がけました。リゾートをキャンバスに描き上げた「地上の楽園」という普遍的なコンセプトは、タイ最古の教科書『Traibhumikatha(トライブミカタ)』が説いた天国から着想を得ています。リゾート内には、タイを代表する芸術家たちがトライブミカタを独自に再解釈した絵画や彫刻が展示されています。2018年の「バンコク・ビエンナーレ」に出展した彫刻作品「Giant Twins(ジャイアント・ツインズ)」で有名なKomkrit Teptian(コムクリット・テープティアン)氏は、「天」と「地」に関するタイ独自の思想と文化を反映した彫刻シリーズを受注制作しました。プーケット・ラチャパット大学の美術学部の教授を務める地元アーティスト、Khan Payungphan(カーン・パユンファン)博士による壁画シリーズもハイライトの一つで、プーケットのオールドタウンの暮らしが描かれています

総支配人、Bjorn Courage(ビョルン・カレッジ)は次のようにコメントしています。「タイのユニークなアイデンティティをトリビュートした同リゾートは、タイ文化の本質と、独自の温かなサービススタイルを具現化しています。プーケット屈指の活気に満ちたエンターテイメントとグルメ、そしてウェルネス体験をお楽しみいただける特別な場所であると同時に、環境の持続可能性と地域コミュニティを常に重視するリゾートです。」

InterContinentalPhuketResort_SerenePool

美しい夕陽を望むクラブ・インターコンチネンタル専用ラウンジは、経験豊富な目の肥えたゲストのためのサンクチュアリです。同シグネチャーラウンジは、細やかなサービスを提供するバトラーが控えているほか、オープンエアの優雅なダイニングエリア、広いプライベートサンデッキとインフィニティプールを備え、カマラビーチを眼下に見下ろす2階からの眺望を存分にお楽しみいただけます。さらに、絶景が眼前に広がる5つのプール、設備の整ったフィットネスセンター、テニス場、Planet Trekkers Kids Club(プラネット・トレッカーズ・キッズクラブ)など、多世代で楽しめるレクリエーション施設がリゾート内に完備されています。

Jaras(ジャラス)は、洗練されたタイ創作料理を提供するシグネチャーレストランです。地元の漁師や農家から届くサステイナブルなローカル食材をふんだんに使用しています。Pinto(ピント)は、ユニークなショップハウスが軒を連ねるプーケットのオールドタウンにインスパイアされた内装が特徴で、家庭的な雰囲気の中、世界各地のグルメ料理をお楽しみいただけます。プーケット屈指の夕陽スポット、Pine(パイン)は、ビーチから裸足で立ち寄れる、ラグジュアリーなビーチフロントバー&ラウンジです。Sawan Beans and Leaves Bar(サワン・ビーンズ&リーブズ・バー)では、チェンマイ産の手摘みの野生茶、地元農家が焙煎した希少なコーヒー、タイ産のオーガニックカカオから作られた最高級のチョコレートをご用意しています。

リゾートが誇る傑作、Heavenly Pavilion Lounge(ヘブンリー・パビリオン・ラウンジ)は、タイの神話に登場する「Himmapan Forest(ヒンマパンの森)」から着想を得ています。白と銀色を基調としたラウンジ内は、モクレンの花をかたどったシャンデリアや動物をモチーフにした彫刻で装飾されています。Sati Spa and Wellness®(サティ・スパ&ウェルネス)は、リゾートの超現実主義的な建築物の中に佇む、インターコンチネンタル・プーケットのオリジナルスパです。各種シグネチャートリートメントにより、マインドフルネスへの旅にお連れします。ゲストの出生日に合わせて調合された花の香りを用いるトリートメントから、世界初の「Khit triangle pillow(タイの三角枕)」を活用した独自のメソッドで快適性と効果を高めるタイマッサージまで、多彩なメニューをお楽しみいただけます。8室のトリートメントルームのほか、ジャグジー付きDuet Suite(デュエット・スイート)、さらにフルサービスのネイルサロンを擁し、タイの高級スパブランド「HARNN(ハーン)」のボディケア、スキンケア、ホームスパのナチュラル製品を使用しています。

InterContinentalPhuketResort_ClubLagoonVilla

インターコンチネンタル・プーケット・リゾートは、この新しいラグジュアリーなサンクチュアリをいち早く体験をご希望のゲストのために、グランドオープンを記念した極上のWellness Escape(ウェルネス・エスケープ)をご用意しています。2020年1月1日~3月31日までの宿泊を対象にした特別なオファーは、サティ・スパ&ウェルネス®の「Detox & Wellness Packages(デトックス&ウェルネス・パッケージ)」を20%オフでご利用いただけます。数日にわたりデトックスとウェルネスに取り組む本パッケージは、ご帰宅後も健康とウェルネスの増進が長く続くようにデザインされており、スパトリートメントに加え、屋外でのヨガ、マインドフル・プラクティス、ヘルシーなダイニング、多感覚なフィットネス体験など、個々のゲストに合わせてプログラムを組み立てます。

特別オファーに関する詳細は、https://phuket.intercontinental.com/special-offersをご覧ください。

ご予約は、icphuket.info@ihg.comまでお問い合わせください。

1

メープルツリー(英名:Mapletree Investments)の完全子会社であるオークウッド®は、主要都市であるタイのバンコクと日本の横浜に於いて「オークウッドスイーツ」の契約に署名したことを発表しました。「オークウッドスイーツ バンコク」は2019年末までに、メープルツリーが所有する「オークウッドスイーツ横浜」は、2020年半ばにオープン予定です。

「オークウッドスイーツ」ブランド初のプロパティである「オークウッドスイーツ ラ メゾン ジャカルタ」は、2016年12月にインドネシアのジャカルタにオープンしました。旅慣れた旅行者やシニアエグゼクティブ向けの当ブランドは、アジア太平洋地域に於ける主要な商業地区内の一等地を立地条件とし、最上級の住居を提供しています。

オークウッド暫定CEO兼オークウッド・アジアパシフィックのマネージング・ディレクター、ディーン・シュライバーは「オークウッドスイーツは、気配りの行き届いた比類のないサービスを求める世界中の富裕層に対し、快適な居住空間を提供します。バンコクと横浜に進出することにより、オークウッドスイーツのキャパシティを大幅に拡大し、両都市の旅行者、およびゲストに対し、コンテンポラリーラグジュアリーの新しいスタイルを提案します」とコメントしています。

「オークウッドスイーツ バンコク」は、バンコク屈指の人気エリアであるプロンポンのスクンビットソイ24に位置し、交通至便で戦略的な立地です。BTSスカイトレイン駅まで徒歩4分の近距離であることに加え、周辺には様々なレストランや商業施設が立ち並び、さらにオフィスや店舗が集積するバンコクのCBD(中心業務地区)にも近接しています。短期の旅行はもちろん、長期の滞在にもご利用いただける設備の整ったスタジオ、1ベッド、2ベッドのアパートメントルームから構成される客室総数232室の「オークウッドスイーツ バンコク」は、世界各地を飛び回る経験豊富なトラベラーに対し、新しいライフスタイルを提案します。

日本で既に展開している12軒のプロパティに続き、「オークウッドスイーツ横浜」のオープンにより、日本で2番目に大きな都市、横浜に初進出します。横浜市内で最高層・最大規模の「ザ・タワー横浜北仲」の46階~51階に175室のエレガントなアパートメントルームを擁し、素晴らしい眺望とロケーションを満喫いただけます。

2

 メープルツリーの副最高経営責任者のチュアー・ティアウチャイ氏は「メープルツリーは、日本で展開する宿泊施設をさらに拡大できることを大変喜ばしく思います。「オークウッドスイーツ横浜」は、東京の「オークウッドアパートメンツ麻布台」に続く、日本で当社が所有する2番目のサービスアパートメントです。メープルツリーは、グローバルなブランドの確立に向けて、世界中の市場に於ける開発・取得の機会を継続的に追及してまいります。」とコメントしています。

「オークウッドスイーツ横浜」は、馬車道駅に直結する高い利便性を誇り、同タワー内に併設される商業文化ゾーンで買い物や食事もお楽しみいただけます。人気のみなとみらい地区に隣接し、山下公園も徒歩圏内の横浜ベイエリアで、横浜港を含む美しい景観とウォーターフロントのライフスタイルを楽しめる絶好のロケーションです。東京まで電車で30分の距離の「オークウッドスイーツ横浜」は、2020年の東京オリンピック観戦のための滞在施設としても最適です。

3

Oakwood®(オークウッド®)について

オークウッド®は、メープルツリー(英名:Mapletree Investments)の完全子会社であり、サービスアパートメントの世界的リーディングカンパニーです。出張者や旅行者のニーズが高い場所でご要望に合わせた部屋を提供します。すぐに入居可能なフレキシブルで幅広いタイプの家具・家電付サービスアパートメントの運営を通じ、これまで数え切れないほどの企業の顧客・市場拡大をサポートしてきました。数々の賞の受賞歴を誇るオークウッドは、南北アメリカ大陸、EMEA (欧州・中東・アフリカ)、APAC(アジア太平洋地域)の全域にわたり、エクスクルーシブな「オークウッド」ブランドのポートフォリオの成長のために投資を行い、家具・家電を完備したラグジュアリースタイルのアパートメントから、モダンな設備を備えたシンプルながら機能性の高い宿泊施設まで、ライフスタイルに応じた様々なサービスアパートメントを展開しています。オークウッドの詳細は www.Oakwood.com をご覧ください。

Mapletree(メープルツリー)について

シンガポールに本拠地を置くメープルツリーは、不動産開発、投資、資産運用、物件管理に於ける世界的リーディングカンパニーです。順調な成長が望める市場及び不動産への投資を戦略的に実行し、様々な分野の不動産資産から得られる継続的な利益を投資家に還元しています。同社の主要な強みを組み合わせてプロジェクトを手がけることにより、数多くの名誉ある賞に輝いてきました。

現在、メープルツリーは、シンガポール証券取引所に上場している4つの不動産投資信託と6つの不動産私募ファンドを運営し、アジア太平洋地域から、ヨーロッパ、イギリス、アメリカまで、幅広い不動産ポートフォリオを所有しています。

2019年3月31日現在、メープルツリーは557億シンガポールドルの資産を有し運用しています。投資先には、オフィス、商業施設、物流施設、工業用物件、住宅、宿泊施設が含まれます。

チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾートのトレーニングセンター、バンコク市内に位置するチバソム・インターナショナル・アカデミーはオンサイト(オンラインなどの通信施設の利用では無く、現場でのトレーニング)トレーニングを開講することを発表しました。

Anatomy and Physiology Chiva-Som Academy – Exterior

 

チバソム・インターナショナル・アカデミーでは、経験豊富な理学療法インストラクターがアカデミーの持つ知識やマネージメント・スキルを、健康やウェルネスに対し大きな期待を抱く現代の顧客に最高のサービスを提供できるよう、通常のコースに加え、オンサイト・トレーニングを行っています。過去に於いてもチバソム・アカデミーのトレーナーは、ドイツやモルディブに出向き、成長し続けるスパ&ウェルネス産業のニーズに応えるべくオンサイト・トレーニングを提供してきました。

Basic Stone for Back Spa Treatments

 

モルディブの5つ星リゾートでは、チバソム・アカデミーのプロフェッショナルなインストラクターが解剖学や生理学の知識を授けるトレーニングを行い、コースには教育理論のみならず実践的な勉強も含まれました。ドイツでも、同じコースが開講されましたが、さらにヘイブン・フェイシャル・トリートメントとハンド・フット・ネイル・トリートメントのコースも実施されました。試験に合格した全ての受講生はチバソム・インターナショナル・アカデミーの修了証書が授与されます。

Indian Head Massage Deep Tissue Massage

 

 

チャオプラヤ川の畔で緑あふれる3エーカーの敷地に立つザ・サイアムは、王室に関連の深いバンコクのデュシット地区に位置する39室のラグジュアリーなアーバンリゾートです。ザ・サイアムはゲスト1名あたり2名のスタッフが配属される真のパーソナルサービスが自慢です。さらに各スイートルーム、およびヴィラには到着時からパーソナルバトラーが配置され、いかなるニーズにもお応えいたします。この度、ザ・サイアムでは、さらにゲストにご満足いただけるよう、インルームのポーティア・テクノロジーを導入することを発表しました。

the siam

この新しいおもてなしは拡大しているグローバルな顧客に対応したサービスです。カスタマイズされたモバイル(スマートフォン)を利用し、ゲストの可能性は大きく広がります。4Gデータ通信を利用し、データローミング能力は非常に高く、市内通話も無料でご利用いただけます。これにより、ゲストは何も心配することなくバンコク探検に出かけ、電話一本でホテルのサービスを利用することが可能になります。コンシェルジュ・コネクトを使えばザ・サイアムのバトラーにいつでも連絡をすることができ、ホテルで手配したことは全て「マイ・ステイ」のスケジュールにアップロードされ、即時にご確認いただけます。ポーティア・シティ・ガイドには、バン
コクを自分の庭のようによく知る旅行ライターが書いた記事が掲載され、日々変化するバンコクの最新情報がゲストを夢中にさせます。毎日アップデートされるレーダー・ブルティンではバンコク滞在中に開催される文化的なイベントが紹介され、現地のアーティスト、ミュージシャン、シェフ等に関する情報を知ることができます。海外からのゲストに対応するため、これらのコンテンツは英語、日本語、簡体字中国語、およびアラビア語の4か国語が用意されています。

the siam2

2017年2月1日水曜日にスタートしたこのポーティア・テクノロジーズのサービスは、ザ・サイアムが世界で初めて提携しました。セールス&マーケティング・ディレクターのリアン・ハッカーは、このサービスのスタートに関し、「ザ・サイアムは、世界トップクラスのアーバン・ラグジュアリー・リゾートとして質の高いパーソナルサービスを誇りとしています。ポーティアとの提携により、プロパティでのみならず、タイの首都バンコクでの滞在中、素晴らしい体験を途切れることなくゲストに提供することができます。」と話しています。またポーティア・テクノロジーの共同創立者であるマーク・ポープは競合会社とは違うポーティアの良さについてこう語ります。「これまでのホテル・アプリはゲストに完璧に対応することが非常に困難な課題でした。ポーティアのオールインワン・ソリューションはデータ通信、ホテルシステムの統合、さらにプレミアムコンテンツのサービスを全て一括し、ゲストの積極的な使用と使用満足度という二つの核となる目標を掲げています。」

s_Chon Thai restaurant - exterior

チャオプラヤ川に面した歴史的地区に位置し39室のスイートとヴィラタイプの客室を有するザ・サイアムがトリップアドバイザーでバンコクのホテル845件中1番のホテルに輝きました!

トリップアドバイザー

s_Atrium zone - horizontal shot

デザインは国際的に名声のあるビル・ベンズレー氏によるもので、アールデコにインスパイアされた空間をタイのアンティークの銘品で見事に演出しました。 タイ料理を味わい、クッキングにも挑戦できるレストラン&クッキングスクールのChon, ジャージーな雰囲気でホームメイドディッシュを味わうDeco Bar & Bistro、リバーフロントでスナックや飲みものをお楽しみいただけるBathers Bar など多彩なダイニングオプションに加え、ジムとムエタイトレーニングセンター、ソダシ・プロダクツを用いたオピウム・スパ、ハマムを思わせるバスハウスなど、ウエルネスの施設とサービスも万全です。

宿泊

s_Pool Villa - Chinese theme (Living area) s_Siam Suite (Living area)

ザ・サイアムは広々としたスイート及びプールヴィラを中心とし、ユニークで歴史のあるタイハウスのコニーズ・コテージと合わせて、39の客室を有しております。全ての客室には豪華な家具、特大キングベッドと高い天井が備わっております。各スイートはそれぞれ独創的な東洋の手工芸品やアンティークでデザインされており、専用のバトラーが付きます。無料Wi-Fiもご利用いただけます。

ダイニング

ザ・サイアムでは、穏やかなリバーフロントのさまざまなダイニング・エクスペリエンスをご用意しており、他では味わえない文化的な体験をお楽しみいただけます。当ホテルの多様なダイニングオプションは次のとおりです:

s_Chon Thai restaurant - exterior

Chon (チョン): タイ料理を味わい、またクッキング体験もできるシグニチャー・タイレストラン&クッキングスクールです。

s_Deco Bar & Bistro - LINGUINI MARINARA

Deco Bar & Bistro (デコ・バー&ビストロ): ジャズの雰囲気でライブミュージックを楽しみながらホームスタイルのお料理や軽食を提供します

s_Cafe Cha

Cafe Cha:(カフェ・チャ)いれたてのコーヒー、紅茶やエキゾチックなローカルドリンクと豊富な種類の焼きたてのパンやペストリーを終日お楽しみいただけます。日陰のベランダとガーデンにてごゆっくりおくつろぎください。

s_Bathers bar (Swimming pool)

Bathers Bar (ベイザー・バー):リバーフロントの芝生に沿ったメインプールの近くにあり、スナック、プールサイドでの軽食、ドリンクを提供します。広々としたデイベッドに横になり、サンセットカクテルを飲みながら壮大なチャオプラヤ川の眺めをお楽しみいただけます。

ウェルネス

s_Opium Spa - Treatment suite with therapist

広々とした贅沢なプライベート空間のオピウム・スパはライフスタイルを変化・向上させる再生とインスピレーションの場を提供します。ゴージャスなスパ体験は、天然由来のソダシ製品を使ったフェイシャル、ボディ&マッサージセラピー、またはゲストのニーズに合わせた数日間のスパパッケージからお選びいただけます。ジムやムエタイ・トレーニングセンターではパーソナルフィットネストレーナーによるトレーニング、屋外テラスや船着場ではヨガや太極拳のクラスもチョイスしていただけます。ハマムを思わせる荘厳なバス・ハウスはドライ&スチームサウナ、スチームシャワー及びジャグジーをご用意。また、キッズやティーンズ向けのスパトリートメントメニューやフルサービスのヘア&ネイルサロンも完備しています。

テレビ放送のお知らせです!

新番組「アジア隠れ家紀行」

アジア隠れ家紀行

番組:アジア隠れ家紀行

放送:地上波東京MXテレビ、MX2チャンネル

放送日:1月6日(金)よりスタート毎週金曜24:30~25:00

アジア各地、ひっそりと、でも力強い存在感のある、隠れた名リゾートの数々。非日常を味わう、わがままで贅沢なリゾートの空間と、ホスピタリティ溢れる心憎いサービスにご当地グルメの数々、すべてを味わえる、旅好き必見の番組です。

1月から3月まで13週連続放送!ぜひご覧ください!(番組紹介より抜粋)

1月6日#1アーバンハイダウェイザ・サイアム~タイバンコク~ 「ザ・サイアム」

s_Infinity Pool (1)

1月13日#2タイ人シェフ直伝伝統の家庭料理を極める~タイバンコク~ 「ザ・サイアム」

s_The Siam Pier

1月20日#3ハイダウェイリゾートトリサラ~タイプーケット~ 「トリサラ」

Trisara_ResidentialVillas_2
1月27日#4伝統美の隠れ家リゾートダラデヴィ・チェンマイ~タイチェンマイ~ 「ダラデヴィ・チェンマイ」

86_01_Main_Lobby
この後もまだまた続きます!

 

バンコクのチャオプラヤ川の畔にたたずむ、ラグジュアリー・アーバンリゾート、ザ・サイアムに総支配人にニック・ダウニングが就任し、スタッフチームのリーダーシップ、企業戦略、そしてザ・サイアムの長期的ゴールの達成を含むホテル全体の経営を任されました。

Nick _
「オーストラリアでホテリエとしてのキャリアをスタートさせてから、世界中の特別なホテルやブランドに携わる機会を得て、素朴かつ美しいロケーションで優秀な人たちと仕事をしてきました。このザ・サイアムでスコソル・ファミリーの一員となる日が来たことはまるで夢のようです。このような素敵なチームの中でリーダーシップをとることはたいへん光栄なことであり、ホテルが持つ独特なスタイル、細部までのこだわり、そしてクリエイティビティを絶やすことなく、ザ・サイアムがホスピタリティのレジェンドとして続いていくことに意識を集中していきます。そしてザ・サイアムのゲストと素晴らしい関係を築き上げていくことを心待ちにしています。」とニックはコメントしています。

s_Hotel Panorama view

プレオープニングや運営など、企業ベースの豊富な経験をザ・サイアムにもたらすニックは、これまでオーストラリア、東南アジア、そしてインド洋の様々なラグジュアリー・ホテルやリゾートで25年以上もキャリアを積み重ねてきました。ザ・サイアムの前職はパー・アクームの副社長として、リーダーシップ、運営、そしてブランドのビジョンを任され、それ以前はW リトリート(サムイ島)、アティヴァ・ホスピタリティ・コープ(現在はシルバーニードル・ホスピタリティ)、ソネバ・ギリ、ヘイマン、パラッツォ・ヴェルサーチ、そしてハイアットなどで要職を歴任してきました。

s_Atrium zone - night shot (1)
スコソル・ホテルズの社長、カマラ・スコソルは「スコソル・ファミリーの全員がニックの就任をとても喜んでいます。大切な仕事を最適な人に任せることができたと感じており、彼は必ず情熱と思いやりの気持ちでザ・サイアムをさらなる成功へ導くと思います。」とコメントしています。

チャオプラヤ川に面した緑あふれる3エーカーの敷地に立つザ・サイアムがトリップアドバイザーのバンコクホテルで2位に選ばれました!

Atrium

 

そんなザ・サイアムでの“ナイトアウト”をご紹介します。

夜の7時サンセットに向かってザ・サイアムを専用ボートで出発します。

siam2

Sala Rattanakosin Rooftop

siam3

 

Sala Rattanakosin Pierより徒歩数分のチャオプラヤ川沿いにあるSala Rattanakosin Rooftopではワット・ポーやグランド・パレスを望めます。

Tep Bar

 siam4

 

Tuk Tukに乗ればCharoenkrungにあるムーディーなライトとシンプルな木の素材を活かしたバーTep Barにてタイタパスを楽しめます。

Teens of Thailand

siam6

ominous Indianスタイルのドアを入ると薄暗い部屋の隠れ家的バー。民族音楽の生演奏とタイトラディショナル料理を楽しめる店Teens of Thailand。

Let The Boy Die

siam7

 

地ビールが楽しめるLet The Boy Die。お店の名前の由来は人気ドラマGame of Thronesの言葉“Kill the boy and let the man be born”よりつけられました!

Madam Musur

siam5

 

ジャングルにいるかの様なレストランMadam Musurでは最高のカクテルとタイ北部の料理を味わえます。オリジナルカクテル“After the Place”は一度は試してみる価値あり。

すべてのレストランがこの位置関係にあるので、数件を食べ歩くのもザ・サイアムならではの夜の楽しみ方かもしれません!

siam1