ヨーロッパの鬼才がシックスセンシズ シンガポールならではの体験を完成

オンライン限定の特別オープニングオファー予約受付を開始

4月にオープンしたシックスセンシズ ダクストン(シンガポール)に続き、姉妹ホテルの シックスセンシズマックスウェル(シンガポール)が12月1日にオープンする予定です。シックスセンシズ マックスウェルは、2軒の歴史的な建造物を改装して展開するシックスセンシズ シンガポールの2番目のホテルです。2軒のホテルは、徒歩5分の距離に位置しおり、活気あふれるチャイナタウンのコミュニティにハイセンスな高級感を組み合わせた独創的な街並みを楽しめる散策路を演出しています。

シックスセンシズ ダクストンは、イギリスのデザイナー、アーヌシュカ・ヘンペル女史がデザインを手掛け、東洋と西洋を掛け合わせたオリジナルのアイコニックな折衷スタイルが印象的です。もう一方の120室の客室を有するシックスセンシズ マックスウェルのデザインは、数多くの世界的な賞に輝いているフランス出身の建築家兼デザイナー、ジャック・ガルシア氏が担当しました。伝統と近代文化を融合させたヨーロピアンスタイルを得意とするガルシア氏が、歴史的建造物が醸し出す個性を活かした美しいホテルを見事に創りあげました。

2軒のホテルを一つとして展開していく総支配人マレイ・エイトキン氏は次のようにコメントしています。「シックスセンシズ マックスウェルのオープンにより、シックスセンシズ初の都市型ホテルを完成形として楽しんでいただけるようになります。歴史的建造物の改装を2軒とも完成させることにより、シックスセンシズ シンガポールならではの特別な体験を提供するというオーナーの強いコミットメントに敬意を表します。4月にオープンしたシックスセンシズ ダクストンの運営が日々進化していることに加え、シックスセンシズ マックスウェルの開業準備も順調に進んでいることを大変誇りに思います。ゲストはホテル内施設だけでなく、周辺のパートナーショップと連携したオリジナルの体験プログラムもお楽しみいただけます。」

シックスセンシズ マックスウェルは、古今東西の文化が混ざり合う華やかなシンガポールのチャイナタウンに位置しています。「Urban Redevelopment Authority Architectural Heritage Award」 を受賞した19世紀のコロニアル様式の建物は、世界的に著名なデザイナーであるジャック・ガルシア氏(過去に手掛けたホテル:ホテル・コステス(パリ)、ザ・ノマド(ニューヨーク)、ロスカー(ロンドン)など多数)により、サスティナビリティに配慮した改装が施され、ヨーロッパのセンスが吹き込まれたタイムレスで洗練されたホテル空間に生まれ変わりました。

スイートルームを含む120室の客室は、7つの独自のカテゴリーで構成されています。歴史的な建造物が持つストーリーを尊重しつつ、ガルシア氏のバロック様式に強い影響を受けたデザインが特徴的です。どの客室も、真鍮、漆、大理石を使用したミニバーから、Lafroy Brooks社のハンドメイドのバスルームの備品に至るまで、ガルシア氏の細部にまでわたる深いこだわりを感じることができます。

ホテル内共有エリアのインテリアは、建造物が持つ本来の構造を活かしてデザインされており、調和とオリジナリティあふれる魅力を演出しています。また、クラッシクなヨーロピアンスタイルのブラセリー「マリー・テラス(Murray Terrace)」やソーシャルライブラリーレストラン「クック & トラス(Cook & Tras)」、シンガポールの伝統料理にインスパイアされたバーなど5つの異なるコンセプトのダイニング施設も大きな特徴です。

美しくデザインされた「ローズラウンジ& バー(Rose Lounge & Bar)」は、バンケット席、クラブ席、カクテルテーブル、バーカウンター席が設置され、シグネチャーカクテルのロゼベリーニをはじめ、シャンパンなどの発泡酒、白ワイン、ロゼワイン、スピリッツなど幅広い酒類を提供します。本格スピリッツバー「ガーシャ(Garcha’s)」では、希少性の高い少量生産のクラフトウイスキーからテキーラ、ジン、ラム、ウォッカまで取り揃えており、自慢のコレクションからお選びいただけます。手押しカートで運ばれてくるスピリッツを食後酒としてダイニングテーブルにてお楽しみいただけるサービスも提供予定です。

5つのダイニング施設の内4つは、1階のトロピカルな庭園沿いに配置されます。庭園は建物に沿って長く続いており、5フィートの広々とした魅力的な屋外テラス席で優雅なひとときをお過ごしいただけます。コーナーサイドに設けられるノスタリジックな三輪車のアイスクリームショップは、宿泊ゲストへの人気の無料サービスになることが期待されています。屋上には、「マックスズ・エディブル・ガーデン(Max’s Edible Garden)」、25メートルのラッププール、フィットネスジムが完備されます。

ウェエルネス施設として「シックスセンシズ スパ ポッズ(Six Senses Spa Pods)」が2019年の初頭にオープンする予定です。宿泊ゲスト及び地元の方に、シックスセンシズのシグネチャーマッサージ、フェイシャルトトリートメント、ビューティートリートメントを提供します。パーソナルトレーニングやヨガクラスが、個々のゲストに合わせたウェルネスエクスペリエンスをサポートすると同時に、サウンドチェア「ソー・サウンド・ラウンジャー(So Sound Lounger)」を用いたリラクゼーションが、ボディ、マインド、リジュベネーションを全く新しい次元へと導きます。

周辺地域における体験プログラムとして、「マックリッチー・ツリートップス・ウォーク(the MacRitchie Treetops Walk)」、「ボタニック・ガーデン・エクスプロレーション・ツアー(Botanic Gardens Exploration Tour)」、「シビック・ディストリクト・ディスカバリー・ウォーク(Civic District Discovery Walk)」、「ブラック & ホワイト・アイコニック・ヘリテージ・ホームズ・ツアー(Black & White Iconic Heritage Homes Tour)」が新しくスタートします。現在シックスセンシズ ダクストンが提供している、伝統中国医学コンサルテーション、中国茶を学ぶティー・アプリシエイション・セッション、ヨガ、人気の歴史的観光名所を巡るツアーも含めて、シックスセンシズの特別な体験プログラムとして、ダクストンとマックスウェル双方の宿泊ゲストにご利用いただけます。

地域の特性とグローバルな視点の両方を尊重するシックスセンシズグループ全体の思想に基づき、周辺コミュニティとの共生は、シックスセンシズ シンガポールにおいても重要なコミットメントの一つです。

2018年10月3日より公式サイト(www.sixsenses.com)にてオンライン予約の受付を開始いたしました。

シックスセンシズ マックスウェル(住所:2 Cook Street, Singapore 078857)の宿泊料金は1泊SGD 330++より承ります。

オープニングオファー

シックスセンシズの公式サイトより直接ご予約いただくと、ベストアベイラブルレートから更に15%オフの特典をご利用いただけます。本オファーには、朝食、ウェルカムアメニティ、WiFi高速インターネットの無制限利用が含まれています。

ご利用規約:宿泊対象期間は、2018年12月1日~2019年3月31日です。スイートルームを含む全ての客室に適用されます。ご予約時にクレジットカードによる予約保証と全額のお支払いが必要です。お支払いただいた料金の返金は一切いたしかねます。オファー内容は、予告なしに変更になる場合があります。

1
シックスセンシズ マックスウェルの客室「ザ・テラス」
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

2
シックスセンシズ マックスウェルの客室内のバスルーム
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

3
シックスセンシズ マックスウェルのフィットネスジム
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

4
シックスセンシズ マックスウェルの屋上ラッププール
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。
About Six Senses Singapore

シックスセンシズ マックスウェルは、多様性にあふれた華やかなシンガポールのチャイナタウンに位置する、19世紀に建てられたコロニアル様式の建造物を改装したホテルです。姉妹ホテルのシックスセンシズ ダクストンへは、徒歩5分の距離です。フランス出身の著名なデザイナー、ジャック・ガルシア氏が、サスティナビリティに配慮した改装を施し、ヨーロッパのセンスが吹き込まれたタイムレスで洗練されたホテルへと変貌を遂げました。スイートルームを含む120室の客室は、歴史的建造物が持つストーリーを尊重しつつ、ガルシア氏のバロック様式に強い影響を受けたデザインが特徴的です。シックスセンシズ マックスウェルズは、2軒の歴史的な建造物を改装して展開するシックスセンシズ シンガポールの2番目のホテルにあたり、シックスセンシズ ダクストンと共にシックスセンシズ シンガポールとして展開していきます。

シックスセンシズ ダクストンは、カラフルなシンガポールのチャイナタウンに位置する、19世紀に建てられたシンガポール特有のショップハウスを改装したブティックホテルです。改装はイギリスのデザイナー、アヌーシュカ・ヘンペル女史が手掛けました。シックスセンシズ マックスウェルズの改装と共に、シックスセンシズブランドの修復と保全への責任ある強いコミットメントが反映されています。スイートルームを含むエレガントな全49室の客室は、オーガニックアメニティが備えられたバスルーム(バスタブ付きまたはシャワーのみ)、Bluetoothスピーカー、無制限Wi-Fiなど充実した設備が整い、居心地の良い空間です。ロビーとアンティークをテーマにしたバーエリアも有するレストラン「イエローポット」は、金色をハイライトカラーに用いた豪華なインテリアデザインが特徴的です。ゲストは、個性あふれる魅力的な2つのホテルで特別な特典をお楽しみいただけます。

About Six Senses Hotels Resorts Spas
シックスセンシズ(Six Senses)、エバソン(Evason)、シックスセンシズ スパ(Six Senses Spas)のブランド名にて、現在21ヶ国、15軒のリゾートと31軒のスパを運営しています。今後5年間にポートフォリオを3倍に拡大すべく、オーストリア、ブータン、ブラジル、カンボジア、中国、インド、インドネシア、イスラエル、セントクリストファー・ネイビス連邦、シンガポール、スペイン、スイス、台湾、タイ、アメリカで様々なプロジェクトを展開中です。

Six Senses 自然環境と地域社会との共生、サスティナビリティ、ウェルネスとデザインへのコミットメントを理念に掲げ、企業の社会的責任を遂行する徹底したスタンスにより、自然派ラグジュアリーリゾートの先駆者として名を馳せています。島滞在型リゾート、山岳リトリート、都市型リゾートなど個性あふれるリゾートを展開しています。どのタイプのリゾートにおいても、ゲストが自然や文化に溶け込めるようデザインされており、各地の地域性を生かした斬新かつ独創的な体験をお楽しみいただけます。

Six Senses Spas ウェルネス業界に於けるリーディングカンパニーとして、熟練のセラピストのもと地域の伝統療法を活かしたホリスティックウェルネス、リジュベネーション、ビューティートリートメントを提供しています。すべてのシックスセンシズリゾート内に併設されているほか、16軒の独立型スパを運営しています。セラピストの高い技術力とハイテク機器を合わせたアプローチにより、ナチュラル感あふれる癒しの空間の中で、ゲストをより深いウェルビーイングへと導きます。

Evason シックスセンシズの理念を継承しつつ、家族連れや友人同士の旅行からハネムーナーまで幅広い客層のゲストに満喫していただけるカジュアルなラグジュアリーリゾートです。現在、2軒のリゾートをエバソン(Evason)ブランド名にて運営しています。ご家族でお楽しみいただける思い出に残る体験を幅広く提供しています。

ホテル、リゾートの予約: Six Senses Hotels Resorts Spas 0120-921-324

問い合わせ: japan@sixsenses.com(日本語対応)

メディア関連の問い合わせ: ケントス・ネットワーク 03-3403-5328 / info@kentosnetwork.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation