2020年3月31日に sankara hotel&spa 屋久島は開業10周年を迎えます。
「For The Yakushima」を宣言し、環境に留意したサスティナブルなホテルとして世界自然遺産、 屋久島と共存しつつ、晴れて10周年を迎える運びとなりました。 この10年間への感謝を込めて、開業10周年記念商品の販売やイベントの開催など様々な活動を 予定しています。

pool side1

<Team Zero Weste Sankara 発足>

sankara hotel & spa 屋久島では、この開業10周年を迎えるにあ たり、更なる地球環境の保全と持続可能な運営を目指し、屋久島の 山、海、里の自然を守る活動に積極的に貢献するため、Team Zero Waste Sankara を立ち上げました。「For the Yakushima」宣言から10年、 社内で新に発足した Team Zero Waste Sankara は、以下のアクションプランを 推進してまいります。

1. 海洋汚染につながるホテル内の使い捨てプラスチック製品を50% 削減します。

2. 2020年中にホテル内でのペットボトルの販売、提供を中止します。

3. 屋久島の山、海、里の清掃活動を毎月行います。

先日、スタッフ22名が参加し、第1回目の清掃活動を行いました。sankara 第1回目は10月9日に麦生港の海岸清掃を行いました。sankara hotel&spa 屋久島は引き続き環境調和型のホテル運営を目指します。

IMG_7294

<Sankara x 本坊酒造コラボ オリジナル焼酎「屋久の慈雨」完成>

さらに、10周年を記念し、屋久島の大自然と伝統を最大限に活かした「屋久島伝承蔵」を所有す る本坊酒造の協力を仰ぎ、オリジナルブレンドの焼酎「屋久の慈雨」が完成しました。毎年春には sankara hotel&spa 屋久島と本坊酒造のコラボレーションディナーを実施しており、そのパート ナーシップにより、記念すべき10周年を祝福するオリジナル焼酎の作成に至りました。

度重なる試飲を経て、芋のふくよかな香りを残しつつ飲みやすい 焼酎を追求し、ようやく完成した「屋久の慈雨」は、オンザロッ クで飲むと香りのバランスが良く、心地よい味わいになります。 焼酎の名前には屋久島にとって恵みである『雨』を取り入れ、 万物を潤し育てる雨を意味する『慈雨』と名付けました。 またラベルデザインには、背景画家・美 術監督の山本二三氏とのコラボによる連作「森と水を巡るいのちの旅」の中の1枚『彦ばえ』 を採用しました。 屋久島の山々に降り注ぎいだ恵みの雨は、森を巡り、森を湿らせ、苔に浄化 された慈雨により新しい命が芽吹く。そして、その恵みの水はやがて里に届 き屋久島の焼酎へと生まれ変わります。「屋久の慈雨」はこの島の命が凝縮 されたサンカラオリジナル焼酎です。

720ml  3,800 円(税込み) ホテル内レストランでもお楽しみいただけます。

屋久の慈雨 DSCF5587

山本二三氏と sankara hotel&spa 屋久島のコラボレーションによる連作「森と水を巡るいのちの旅」の詳細は https://sankarahotel-spa.com/travel/よりご覧いただけます。屋久島伝承蔵 本坊酒造に関する詳細は、 https://www.hombo.co.jp/factory/yakushima.html よりご覧ください。

環境保護に於いて世界をリードするワールドクラスのラグジュアリービーチリゾート、トリサラは、開業15周年を迎えるにあたり、リゾートの敷地内で孵化したウミガメの放流を行います。豊かな自然が広がる周辺環境を今後も弛むことなく保護していく強いコミットメントを表しています。さらに、開業15周年を記念した特別なプロモーションもご用意しています。

03 TRISARA

2004年の開業以来、トリサラは野生生物が生息する周辺環境の保護と維持に努めてきました。リゾート自慢のプライベートビーチは、昨年アオウミガメが産卵のために戻ってきたプーケット唯一の場所です。来る11月1日に、一年間の飼育期間を経て成長した元気な子ガメたちを海に放し、開業記念日を祝います。

02 TRISARA

モンタラ・ホスピタリティー・グループのCEO、キッティサック・パッタマセヴィは、「トリサラが、ウミガメのライフサイクルの一部であることに深い感動を覚えます。ウミガメは産卵のために毎年同じ場所に戻ってきます。つまり、これからも産卵場所として戻ってこられるようにリゾート周辺の貴重な生態系を維持し、希少な種を守っていくことが我々の使命だと考えています。」とコメントしています。

サスティナビリティと環境保護に対するトリサラの理念は、ゲストエクスペリエンスに妥協することなく、ラグジュアリーとサスティナビリティの完璧なバランスを実現することです。リゾートの設計段階から徹底しており、低密度開発方式による自然保護を中心とした建設計画が採用されました。日々のリゾート運営に於いても、使い捨てプラスチックからリサイクル可能な材質への変更、逆浸透膜浄水システムで集めた雨水の活用による水道水の使用量の削減、ハロゲン電球から省電力のLED電球への切り替えを実施しているほか、リゾート内の移動に電動バギーを使用するなど、野生動物の生態を維持するために様々な努力を重ねています。

04 TRISARA

アオウミガメの放流のほか、ゲストは開業記念日に合わせた特別な特典をお楽しみいただけます。2019年12月20日までに3泊以上のご予約で1,119米ドル相当のリゾートクレジットを進呈します。対象は2019年11月1日から2020年4月30日までの宿泊期間です。リゾートクレジットは、「ジャラスパ」での至福のトリートメントに加え、「シーフード」でのオーセンティックなタイ料理の食事やプライベート料理教室、さらにリゾート外でのアクティビティにもご使用いただけます。ボートを利用してのエクスカーションから、ウェオ島でのシュノーケリング、自家菜園での収穫体験まで多彩なアクティビティをご用意しています。

トリサラでのご宿泊は、1泊1,460米ドルよりご利用いただけます。ウミガメ放流の詳細及びご予約は、メールreservations@trisara.com、またはウェブサイトwww.Trisara.comをご覧ください。

ガラパゴス諸島は、他では見ることの出来ない素晴らしい野生動植物と出会える魅惑の楽園です。絶海に浮かぶ19の主島からなる本諸島は、いずれの島も大陸に接した歴史がなく、独自に進化を遂げたユニークな生態系を築いています。本諸島に新規開業予定のシックスセンシズ ガラパゴスでは、文字通り唯一無二の自然環境をご体験いただけます。

views from site シックスセンシズ ガラパゴスの開発プロジェクト地からの眺望

高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

美しい緑の色彩が広がる景観

シックスセンシズ ガラパゴスは、サン・クリストバル島の北東の海岸に位置するセロ・ベルデに開発が進められています。大きな島々の中で最も静かで、リラックスした雰囲気が漂う穏やかな島です。
1978年にユネスコの世界自然遺産に指定されたガラパゴス諸島は、1985年には生物圏保護区にも登録され、開発可能なエリアは陸域のわずか3%です。シックスセンシズのリゾートは、厳しい現地法を遵守することはもちろん、開発ビジョンを設定する初期段階から地域コミュニティを巻き込む姿勢が評価され、海を臨む緑豊かな丘の上に開発の許可が与えられました。本島特有の自然景観を見渡せる絶好のロケーションです。

シックスセンシズ ガラパゴスの建築デザインは、経済的、環境的、社会的、精神的な側面のバランスが取れたデザインを提案する独創的な設計理念で有名なHitesh Mehta Designが監修しています。現在、客室施設のデザイン設計が最終段階を迎えています。

シックスセンシズ ホテル リゾート スパグループのCEOのニール・ジェイコブスは、「サスティナビリティは、シックスセンシズの神髄であり、地域コミュニティへの関わりから、周辺環境の保護、資材の再利用に至るまですべてに影響します。自然環境への高い配慮が求められる特別な場所に於いて、生態系の回復、海洋生物の科学的研究、ローインパクトツーリズムを標榜する特別なプロジェクトに、オルガル・グループと共同で取り組めることに対し興奮と喜びを隠しきれません。」と述べています。

本開発プロジェクトでは、特にガラパゴス諸島の固有種であるミコニアの生態系の回復に力を注いでおり、外来種の伐採に加え、プロジェクト敷地内に育種場を設置し管理していきます。
育種場で栽培が進められている植物は、「アースラボ」や「エクスペリエンスセンター」での活用が予定されています。これらのリゾート内施設では、サスティナビリティに関する幅広い取り組みを紹介するだけでなく、権威ある教育機関やNGOsが参画する研究や教育のためのアクティビティも主催します。さらに、世界で最も素晴らしい星空を観察できる場所の一つとして、照明環境に配慮し、限りなく光害をゼロに近づけます。夜空を楽しめる「オブザベーションポスト」では、美しい星空に相応しいカクテルやダイニングの提供を予定しています。上述の3つの施設は、竹建築で世界的に有名なサイモン・ベレス氏が設計を担当しています。

シックスセンシズの代名詞

シックスセンシズがオープンするところはどこでも、同ブランドのスパをお楽しみいただけます。機能的な「フィットネスセンター」、「ヨガスタジオ」、「アルケミーバー」を含む充実した施設を完備し、総合的なウェルネスプログラム、地元に根付くヒーリング療法、ハーバリストのトリートメントなど多彩なサービスにより、心に残るリゾートステイをご満喫いただけます。食事は、Eat With Six Senses(6感で味わう食事)の考えに基づき、輸入農産物を極力使用せず、地元の農家や漁師から届くローカル食材やリゾート直営のオーガニック菜園で収穫された野菜を活用し、将来的には自給自足をめざします。“第二の脳” とも呼ばれる腸の健康増進に劇的な効果が期待できる発酵食やピクルスを楽しめる「発酵室」の設置も予定しています。
島の住人たち との出会い

ガラパゴス諸島は、16世紀に訪れたスペインの船乗りたちが、島に生息するゾウガメの甲羅が乗馬用のサドル(“ガラパゴ”)の形に似ていたことから名付けました。ガラパゴス諸島には、存命している人間の最高齢者が生まれるずっと前から生きているゾウガメも生息しており、天寿を全うするまでにまだしばらく時間が残されていることが期待されています。彼らの先祖がガラパゴス諸島に上陸した頃は、現在のような巨大な生物ではありませんでした。生物の進化の観点から、このような適応を引き起こした環境を観察できることは、非常に貴重な体験です。ダーウィンの『種の起源』は、進化論の着想を得た野生動植物が住むガラパゴス諸島と切り離して語ることはできません。リゾートから自転車でアクセスできるゾウガメの保護センター「ラ・ガラパゲーラ・セロ・コロラド」で詳しく学ぶことができます。

BabySeal必見の愛らしいアシカの赤ちゃん

高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

ゾウガメの保護センターの周辺に位置するプエルトチノビーチは、閑静で美しく、野生動物との出会いが訪問者の心をとりこにします。アシカやエイ、そしてカメと一緒に泳いだり、青い足が特徴のアオアシカツオドリが群れている道を通り抜けたりする体験は、何度体験しても興奮と感動にあふれています。周辺地域のもう一つの名所、淡水湖のエル・フンコには、固有種であるサンクリストバルマネシツグミ、ホオジロオナガガモ、グンカンドリなど、多くの鳥類が生息しています。

サン・クリストバル島にはガラパゴス諸島を代表するランドマークの一つ、キッカーロックがあります。太平洋にそびえ立つ全長140メートルの奇岩で、何千年にもわたる海の浸食により、眠っているライオンのような形をしている名勝です。保護されている豊かな海洋生態系を楽しめるシュノーケリングやダイビングの場所としても人気で、まさに水中の楽園が広がっています。ガラパゴスアホウドリ、アシカ(ロベリア島でコロニーを形成し数多く生息)、遊び心あふれるアザラシ、ウミイグアナとの出会いが期待でき、彼らに会わずして旅を終えることはできません。

Iguana

ガラパゴス諸島を代表する固有種、海生イグアナ

高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

オルガル・グループのCEOのアルトゥーロ・カイザー氏は、「ガラパゴス諸島は自然史研究に於いて特別な場所であり、魔法のようなデスティネーションです。ゲストは手つかずの自然の美しさに触れ、チャールズ・ダーウィンの進化論のきっかけとなった貴重な野生動植物との出会いを楽しむことができるでしょう。シックスセンシズとの提携は、地域社会の社会的および経済的利益を高めることに加え、環境保全を含むサスティナビリティにコミットする本プロジェクトのビジョンに適ったものです。この象徴的なプロジェクトに彼らと一緒に取り組んでいることに興奮しています。」と述べています。

シックスセンシズ ガラパゴスは、島の南西部に位置する港湾都市プエルト・バケリソ・モレノのサン・クリストバル空港から車で35分の距離です。リゾートは2021年にオープン予定です。

フォトクレジット:Hitesh Mehta Designの建築家

 

New PRU interior

プーケット唯一のミシュランスターレストランが提案する

タイの豊かな生物多様性を表現する至極の8皿コース

DUCK

プーケット初のミシュランスターレストラン、トリサラ・プーケットの「PRU(プル)」は、周辺地域の生態系に着目したユニークなメニューをスタートし、イノベーティブな先駆者としての地位をさらに高めます。地元で生産されるローカル食材に加え、同地域の豊かな生物多様性を活かし、あまり知られていない食材を取り入れた新メニューは、サスティナビリティとイノベーティブな技術の両立に対するリゾートの取り組みを示しています。

「プル」の総料理長であるシェフ・ジミー・オーフォストは、タイにおけるローカル食材のムーブメントを牽引する“変革の旗手”と称されています。シェフ・ジミーが監修する新しい8皿のテイスティングコースは、同一生態系内に育つ多彩なオーガニック食材からインスパイアされており、タイならではの豊かな風味を存分にお楽しみいただけます。

シェフ・ジミーは、「トリサラのゲストは、オーセンティックなストーリーに耳を傾け、今までに経験したことのない新たな世界へと導いてくれる体験を求めています。プルでは、周辺地域を舞台にした食のストーリーを伝える新しいメニューにより、ゲストの要望に応えます。例えば、タイ南部のスラーターニー県内を流れるタピ川で育った海老は、同じくタピ川に生息する小魚や周辺で採れる野菜や植物と合わせて調理され、地域特有の生態系を表現する理想的な一皿となります。」と説明しています。

PRAWN

周辺地域の生態系に着目したアプローチは、シェフ・ジミーと彼のチームが、地元のコミュニティにより深く関わるきっかけとなりました。2020年には研究開発チームを発足し体制の強化を進めると同時に、シェフ自ら地域内を回り、季節に合わせた新しいコンセプトを考案するための食材探しを行う予定です。さらに、現在50種類以上の植物、ハーブ、フルーツ、野菜を栽培している自家菜園の拡充も図ります。

新メニューの開発と並行し、2016年の開業以来初となるレストランの小規模改修も実施しました。ローカル素材をふんだんに使用した装飾とデザインが素晴らしい2室のダイニングルームを備え、シェフ・ジミーと彼が率いるチームのための厨房スペースも広くなりました。営業時間も延長され、至極のメニューをゆっくりとご堪能いただけます。

シックスセンシズ ホテル リゾート スパグループは、「火と氷の国」として知られるエキゾチックなアイスランドに於いてシックスセンシズ オスラバレーの開発を進めます。アイスランドは、澄んだ空気、サスティナブルなエネルギー、国民幸福度の高い国として世界的に有名であり、シックスセンシズが次なるデスティネーションとして構想を膨らませていたとしても不思議ではありません。自然、ウェルネス、アドベンチャーに情熱を持つ人々が集まる拠点として、シックスセンシズならではの贅沢なダイニング体験、快適なゲストルームを提供します。夜には、神秘的なオーロラを眺めることができるでしょう。

神話の舞台のようなロケーション 

アイスランドは「ヴァイキングの国」とも呼ばれ、特に険しい岩場が続く南東部の海岸線は、迫力満点の豊かな自然が広がっています。氷舌、溶岩でゴツゴツした火山、氷河ラグーン、天然温泉、手つかずの高原、長い黒砂ビーチなど、独特の絶景や見所が目白押しです。「リングロード」と呼ばれる各地を結ぶ幹線道路を活用して周遊することができ、一年を通じて大自然を満喫していただけます。

この大自然が創り出す神話の舞台のようなロケーションに、シックスセンシズ オスラバレーが誕生します。1,619ヘクタールの広大な私有地に建てられる当リゾートは、アイスランド南東部の海岸線Lóni地域に近いSvínhólarに位置し、リゾートの南端は、美しい黒砂のビーチで北大西洋と区切られたロン・ラグーンに隣接しています。アイスランド島内で最も白鳥が集まる場所でもあり、シックスセンシズは、観察・保護活動への参画も予定しています。 

サステナビリティとスピリチュアリティにインスパイアされたデザイン

プロジェクトの第一段階では、70室のゲストルームを擁するリゾートと自然の中に点在するレジデンス用のプライベートコテージをオープンする予定です。サスティナブルな住まいを象徴するコテージは、シックスセンシズブランドのレジデンスとして、希少価値のある素晴らしい立地環境の住居を取得できる機会となるでしょう。レジデンス購入者は、シックスセンシズリゾートならではのアメニティやサービス、そして多彩な特典をご利用いただけます。

再利用可能なローカル資材を使用し、高いエネルギー効率や水の再利用基準に基づいたゲストルームとレジデンスは、環境への負荷を出来る限り抑える一方で、居住性に妥協することなく、ゆったりとした空間と快適性を兼ね備えています。設計を手がける建築家のジョン・ブレバード氏は、人間のバイオエネルギー、電磁気学、占星術、神聖幾何学、さらに風水の法則も考慮したデザインにより、リゾートゲストとレジデンス居住者が、自然の秩序や超次元の世界と同調し、再充電と再調和ができることをめざしています。

さらに、エルフ(妖精)が住むピラミッド型の家々が島中に点在していると伝える神話も、本プロジェクトのデザインの神秘性を高めています。

創造性あふれる施設とダイニング体験

ゲストをお迎えするリゾートのウェルカムラウンジは、和やかな雰囲気が漂う寛ぎの空間です。外と館内の統合を意識したシームレスなデザインにより、周辺環境との一体感をお楽しみいただけます。ライブラリーやシネマルーム、そして「アースラボ」がラウンジに隣接して配されます。アースラボでは、サスティナビリティに関する取り組みを紹介するほか、ウォーターバーも設置されます。

ファンクショナル・フィットネスセンターやヨガスタジオを完備し、多彩なウェルネスプログラムを提供するシックスセンシズ スパは、ご滞在のハイライトになるでしょう。オーガニック農園を持つファームハウスの建設も予定されており、クッキングスクールが開校される予定です。季節に合わせた“ファーム・トゥ・テーブル”のレシピをもとに、ヘルシーで栄養豊富な料理をシェフから直接学ぶことができます。

リゾートのスペシャルティレストランでは、シーフード料理を中心としたオールデイダイニングを提供し、活気にあふれたバーでは、屋内外にゆったりとしたスペースを設けます。いずれも、Eat With Six Senses(6感で味わう食事)のガイドラインに沿った食事とドリンクをお楽しみいただけます。さらに、水上の木の歩道橋から、滝を目の前にしたロマンティックなセッティング、伝統的なボートハウスまで、様々なロケーションから選べる絶景ダイニングもご用意します。

「この度のプロジェクトは、その土地が持つありのままの美しさ、パワー、ソウルに触れることができ、ゲストが大自然の懐に抱かれるロケーションを見つけ出すという当グループのコミットメントを象徴しています。遊び心にあふれたユニークな楽しい体験を求めるトラベラーにとって魅力的なリゾートになるでしょう。この土地には、神秘的な妖精が岩や絶壁に住んでいるという伝説が今でも残っています。私たちはこのプロジェクトの話しをするたびに、笑顔になります。」とシックスセンシズ ホテル リゾート スパグループCEOのニール・ジェイコブスは述べています。

シックスセンシズ オスラバレーは、アルファランド・ホテル社が所有し開発を進めています。建築家のジョン・ブレバード氏、ファッション業界を牽引する起業家アスラグ・マグヌスドッティア女史、そしてアイスランドの芸術文化を代表する起業家ヤコブ・フリーマン・マグヌッソン氏が、クリエイティブなインスピレーションをプロジェクトに提供するパートナーとして参画しています。

「シックスセンシズのチームに参加することの背景に、ゲストに未開の自然と触れ合う機会を提供しつつ、アイスランドの自然を積極的に保護していくというビジョンへの共感があります。アイスランドの絶景ロケーションに、ウェルネス、自己啓発、サスティナビリティに特化した特別な場所を創り出すことに興奮を隠しきれません。」と起業家アスラグ・マグヌスドッティア女史は述べています。
リゾートの枠を超えた探検

シックスセンシズ オスラバレーの北側は、山脈、広大なオスラバレー、そして渓谷を流れる川に囲まれています。幾つもの滝が流れるオスラバレーの大自然の中で楽しめる、犬ぞり、乗馬、ロッククライミング、野鳥観察、ボートトリップなどのアクティビティは、非日常的感があふれる、まさに特別な体験です。

本開発プロジェクトの北西部は、ヴァトナヨークトル国立公園に隣接しています。ヨーロッパ最大の氷河やアイスランドの最高峰、オーラエヴァヨークトル火山も公園内に位置しています。アイスランド南部のドラマチックな地形は、数々の映画の息をのむような美しいシーンの撮影地として愛されてきました。例えば、インターステラー、バットマン・ビギンズ、トゥームレイダー、ジェームズボンド、ゲーム・オブ・スローンズなどがあります。

シックスセンシズ オスラバレーは、ホプンの空港から車で30分の距離です。アイスランドで人気のオーロラ観賞スポットの一つ、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖は、リゾートから車で1時間の距離です。リゾートは、2022年のオープンを予定しています。

1
ロン・ラグーンとヴェストラホルン山を望むシックスセンシズ オスラバレー
高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

2
ロン・ラグーンの東の角にそびえ立つエイストラホルン山
高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

3
オスラバレーに流れる滝の一つ
高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾートは、4月30日にシドニーのプリムスホテルで開催されたトラベル・デイリー主催「第一回トラベル&ツーリズム・サスティナビリティ・アワード」の授賞式に於いて、「ベスト・サスティナブル・トラベル・アンド・ツーリズム・イニシアティブ‐海岸・海岸沿い事業/運営部門」を受賞しました。

図1

チバソムは、個人のパーソナルウェルネスと周辺環境のウェルネスは密接に関係していると考えています。長年にわたり、開発と保全のためのサスティナブル・イニシアティブを重要項目として掲げ、環境の保護とローカルコミュニティへの還元を積極的に行ってきました。

 

2007年から管理しているクライラー・ニウェー(Krailart Niwate)植林公園はその一例です。この植林公園は、ホアヒンに残る唯一のマングローブの森です。これまでに5000本以上の植樹を実施し森林の再生に取り組んできたほか、1000メートルにわたる高台の遊歩道の資金援助を行いました。マングローブの森林保護への意識を高め、同地域内のエコ‐スピリチュアル・ツーリズムの発展に寄与することを目的としています。

Chiva-Som Pool – Beach View

チバソムは、サスティナビリティに対してもホリスティックなアプローチを採用し、幅広い取り組みを実施しています。例えば、廃水はリゾートの敷地内で処理し、景観維持のための潅水や湖の水位維持に再利用しています。

プラスチック、ガラス、金属、木材、紙はリサイクル施設で処理され、食品廃棄物はローカルの畜産農家に提供されます。リゾートの庭園から発生する植物廃棄物は、コンポスト内で栄養豊富な堆肥として生まれ変わり、植物性IFOAM(国際有機農業運動連盟)の認証を受けたチバソムの2つのオーガニック農園で活用されます。

エネルギー利用の効率化や節約、そして適切な管理は、リゾート全体の共通ミッションの一つです。エネルギーを節約するための技術とプラクティスを採用し、再利用できない化石燃料への依存度をできる限り抑えています。

ローカルコミュニティの発展への貢献を使命とするチバソムの社会福祉プログラムには、地域住民の雇用をはじめ、食材、製品、サービスをできる限りローカルサプライヤーから購入するサスティナブルな調達、さらにホアヒン保護活動グループ(プリザーブ・ホアヒン)のサポートを通じた、環境保護を啓蒙し保護活動を推進するローカルイベントの主催や協賛活動などが含まれます。

*チバソムは、第4期最終ステージの改修工事のため2019年5月1日から10月31日の期間、一時的に休館し、11月には完成した姿をお披露目いたします。

シックスセンシズホテルリゾートスパグループは、キャニオン・グループと提携し、中米に於いて初となるシックスセンシズ パパガヨを開発することを発表しました。シックスセンシズらしいサスティナブルかつラグジュアリーを極めたリゾートを開発し、日常の喧騒から遠く離れたエココンシャスなプライベート空間で人生を大いに楽しみたいゲストに対し、新しいアドベンチャーをご提案します。

VIEW 01_UPDATE 03
930ヘクタールのパパガヨ半島は、息をのむほどの圧倒的な美しさを誇り、開発と保全のバランスが素晴らしい世界屈指の高級リゾート地として常に高く評価されています。24キロメートルの長い手つかずの海岸線とエキゾチックなビーチが特徴的なパパガヨ半島には、リゾートやレジデンスがひっそりと点在しています。半島全体の開発が完了しても、70パーセントの土地は自然のままの姿が維持される予定であり、大自然との共存が半島の大きな魅力です。

パパガヨ半島のユニークなランドマークとして期待されているシックスセンシズ パパガヨの敷地は、半島の最も高い場所からビーチまで広がり、グアナカステ諸島を360度見渡せるパノラマビューが圧巻です。広々としたプライベートプールを備える全41室のヴィラは、自然に溶け込むように森林に覆われたビーチに点在する形で建設されます。また、購入可能な31棟の個性豊かなレジデンスは、パパガヨ半島ならではのリゾートライフを満喫できる絶好の投資機会です。

地域特性に基づいたシックスセンシズ独自のウェルネスプログラムが、リゾートの中核サービスとして準備されています。美しいスパやフィットネスセンター、そして数えきれないほど多岐にわたる屋内外でのアクティビティをご用意します。敷地の中心部に設けるオーガニック農園では、果物や野菜、ハーブなどを栽培し、レストランのメニューやスパトリートメントの材料に使用される予定です。また、ビーチでの華やかなパーティーから、大切な方とのんびりと過ごす時間まで、コミュニティとセレブレーションを重視した多彩なサービスもご提供します。

「中米での初プロジェクトに興奮を隠しきれません。」とシックスセンシズ ホテル リゾート スパグループCEOのニール・ジェイコブスは述べています。「シックスセンシズが持つブランドバリューは、コスタリカのサスティナビリティに対するコミットメントとプラビタ文化の要素を包含しています。我々は、コスタリカの社会・経済の活性化に貢献する一方で、いかなる活動においても、自然とコスタリカの文化や歴史保全への影響を最初に自問します。もしこの問いに答えられない場合は、私たちはその活動を実施しません。シックスセンシズは、世界中のどのロケーションでも、この徹底したスタンスで開発と運営を行っています。旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」の読者投票でトップブラントに選ばれ続けているのは、その姿勢が評価されているからだと思います。」

シックスセンシズ パパガヨは、カリフォルニア・ラークスパーのキャニオン・グループが所有し開発を進めています。キャニオン・グループは、ユニークなロケーションの最高級ブティックリゾートの買収や開発を得意とし、ユタ州とワイオミング州の有名なアマンギリリゾートがコアポートフォリオです。この度のシックスセンシズ パパガヨの開発は、コスタリカで最も有名な開発会社であるガルニエ・グループとチームを組んでいます。

キャニオン・グループCEOのHomi Vazifdar氏は次の通りコメントしています。「このリゾートは、国、地域、ブランド、出資関係者の全てにおいて非の打ち所がない最高のプロジェクトです。シックスセンシズ及びガルニエ・グループと一緒に、中南米延いては世界においても最も素晴らしく、高い注目を集めるプロジェクトに取り組めることを大変喜ばしく思います。この経験を生かして、次のプロジェクトも一緒に取り組めることを期待しています。」

リゾートのデザインは、ロンドンを拠点とする著名な建築家ジョン・ヘア氏が担当します。シックスセンシズとキャニオン・グループの両社は、ジョン・ヘア氏の任命を発表できることを大変喜んでいます。ヘア氏は、劇場演出的な優れた感性とデザインと自然を芸術的に調和させる高い能力が評価され、数多くの賞に輝いています。近代建築を代表するカルロ・スカルパやエド・タットル、そしてフランク・ロイド・ライトから深い影響を受けたスタイルが特徴的で、素晴らしいポートフォリオの中でも、インドネシアのフォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤンやドミニカ共和国のアマネラが代表作として広く知られています。

中米のスイスと呼ばれるコスタリカは、有意義で忘れられない場所、或いは“一度立ち止まり考える”体験を求めるトラベラーが集う観光地として広く認識されています。何マイルにも広がるビーチ、世界有数の広大な熱帯雨林、雄大な山々、火山、湖、起伏の多い地形を有し、国土の約27%は自然保護区です。コスタリカの自然の豊かさを示す最も印象的なデータは、国土の占有率が地球表面のわずか0.025%であるにも関わらず、世界の生物学的多様性における占有率は6%も占めている点でしょう。

シックスセンシズ パパガヨは、リベリアの国際空港から40分の距離です。リベリアとアメリカの主要都市、カナダ、中南米諸国間のフライトは毎日運航されています。

シックスセンシズ パパガヨは、2021年のオープンを予定しています。

シックスセンシズ ホテル リゾート スパグループは、画期的なリトリートプログラム「Grow a New Body」(新しい体を育てるプログラム)をスタートします。ゲストが人生の最後の日まで健康でいられる方法を発見することをサポートし、ゆっくりと楽しく年を重ねる為の健康な体の基礎を築くためのプログラムです。体のデトックス、健康のための遺伝子の活性化、脳機能のアップグレード、危急反応のリセット、幸福感を生み出すブリス分子の生成促進などの効果が期待でき、長年にわたり蓄積された古い体内プログラミングを取り除きます。

Grow a New Bodyは、体や心のウェルビーイングに取り組む一般的なスパプログラムとは一線を画し、エネルギーやスピリットとのリコネクションなど、目に見えにくい領域まで踏み込み、最先端の神経科学と生物学に加えて、古くから伝わるシャーマンの叡智に学んだ独自のアプローチを採用します。予防医学の指導者であるシャーマンは、人間の体は、個々に治療したり取り換えたりできる器官の集合体ではなく、一つのシステムであり、スピリットの力で再生できると説いています。このワン・スピリット・メディスンの教えは、日頃から体内を見直し続けることが、体を癒し健康を維持する最善の方法であると唱えています。

このリトリートシリーズは、25年以上にわたりアマゾンとアンデスでシャーマンのヒーリングを研究したドクター・アルベルト・ヴィロルドとのコラボレーションにより誕生しました。ドクター・ヴィロルドは、ベストセラー作家、医療人類学者、心理学博士、教師として活躍しており、さらにヒーラーとしての一面もあります。2019年6月から11月の特定の期間、トルコのシックスセンシズカプランカヤ、ポルトガルのシックスセンシズドウロバレー、カンボジアのシックスセンシズクラベイアイランドでご利用いただけます。 

体のデトックスと健康のための遺伝子の活性化

環境汚染と産業廃棄物により人体が荒らされてしまうリスクは、食事や飲み水にまで影響が広がり深刻化しています。そして、遺伝子組み換え食品、抗生物質、精製された穀物や砂糖を多く含む食事などの要因が合わさり、腸の健康に大切な何兆もの細菌が正常に育つことができず、必要不可欠な神経伝達物質を作り出せない状況を引き起こしています。

人間のDNAの90%は体内細菌に属しており、消化のサポートやビタミンの合成、そして免疫機能の向上を行う体内ミクロフローラを修復し、腸内環境の回復に取り組むことは人間の健康にとって大変重要です。

短い期間食べ物を断つ断食法を活用して、脂肪燃焼システムのスイッチを入れ、各種体内メカニズムを回復し、細胞レベルのデトックスを促進します。脳を含む全ての器官において幹細胞の生成を促すと同時に、より高いレベルの神経ネットワークを呼び起こし、スピリットとコネクションを体験することを可能にします。

リトリート中は、栄養たっぷりのスムージーと、新鮮で栄養と繊維質が豊富な野菜を中心とした低タンパク質の食事を摂り、炭水化物を控えつつ、多様な種実類とヘルシーな脂肪を取り入れることにより、寿命遺伝子のスイッチをオンにし、幹細胞の増生を促す機会を体に与えます。さらに、最先端のプロバイオティクスと神経の栄養素を活用することにより、ゲストは短い期間で腸の調子を整え、空腹感に悩まされずに脳機能に良い食習慣を維持することができるでしょう。

年齢時計のリセット

体の回復・再生機能は、35歳頃から低下し始め、筋肉を作り肌を若々しく保つ成長ホルモンの分泌は急激に低下します。長寿に必要な多くの栄養素が不足している状態になり、シワが現れはじめ、回復に時間がかかるようになります。

Grow a New Bodyでは、デトックス、断食、植物性栄養素中心の食事のほか、自然とふれあうハイキングまたはヨガのアクティビティを毎日提供し、さらに低酸素トレーニングやLED光セラピー、点滴療法を組み合わせることにより、ミトコンドリア(細胞内のパワープラント)を修復する細胞内の抗酸化機能のスイッチをオンにし、脳細胞の修復と再生をサポートします。

数日のうちに、霧が晴れたように頭がすっきりし、眠りが深くなり、肌のトーンは明るくなるほか、活力が増強していることを感じていただけるでしょう。

ネガティブな感情の転換と危急反応のリセット

現代の健康問題の多くは、 癒されない感情、凝り固まった信念、継続的な過度の刺激、そして過剰な危急反応が原因です。これらの深刻な内面的原因は、HPA axis(視床下部-下垂体-副腎皮質系)を修復することにより解消することが可能です。HPA axisは危険への反応をコントロールする働きがあると同時に、消化、気分、セクシュアリティ、活力、さらに免疫系にも関係しています。

過度な刺激であるアドレナリン中毒から抜け出し、幸福感を生み出すブレス分子の分泌を増加させ、さらに自由な発想を促します。同時に、恐怖に基づく古い信念を払拭する方法を発見し、不確実性に直面しても自信と確信に満ちたアプローチで人生を歩んでいくためのデイリーアクティビティをご用意しています。

ルミナスエネルギーのヒーリング

磁石がガラスの上の砂鉄を集め整えるように、体を囲んでいるルミナスエネルギーは肉体を整え、細胞や器官に対し、健康に調和して生きるための方法を伝えています。回復・再生のために欠かせないソフトウェアのようなものだと考えることもできます。この生体磁場は、肌を境に終わることはなく、宇宙の最果てにまで広がります。

リトリート中、家系にまつわる感情的な記憶を開放し、クリエイティブなオリジナルのライフストーリーの発見を促すシャーマンのエネルギー療法について詳しく学ぶ機会が提供されます。肉体的な病気のために刻み込まれた跡を開放し、ルミナスエネルギーに蓄積されていた劇的な古いストーリーを消すことにより、体と感情は回復し始めることができます。

日程と料金

7日間のGrow a New Bodyリトリートプログラムには以下が含まれています:

- 7日間の宿泊
- 3食の食事(神経の栄養素とサプリメントを含む)
- ウェルネス・スクリーニング検査
- 4回のシャーマン/エネルギー療法セッション
- 4回の低酸素トレーニング
- 4回のミトコンドリアの活性化と修復のためのLED光セラピー
- 4回のビタミン/ミネラル点滴療法
- 3回のグルタチオン点滴療法
- 7回のボディワーク(マッサージ、スクラブ&ラップ、部分用トリートメントなど)
- 6回のドクター・アルベルト・ヴィロルドによるレクチャー(録画映像)
- ワールドクラスの医師によるエネルギーの流れ診断評価
- 医師団による予防医学に関するデイリーレクチャー
- デイリー・グループ・モーニング・ヨガ/ハイキング、イブニング・メディテーション
Residence_Night_View(L)
シックスセンシズ カプランカヤ(トルコ)
期間:2019624日~71
シービュー・スーペリア・ルーム7泊のリトリート料金:

1室1名様ご利用の場合USD 9,710 (EUR 8,710) ~、1室2名様ご利用の場合USD 17,458 (EUR 15,660) ~

期間:20191014日~21
シービュー・スーペリア・ルーム7泊のリトリート料金:

1室1名様ご利用の場合USD 9,320 (EUR 8,360) ~、1室2名様ご利用の場合USD 17,068 (EUR 15,310) ~

※表示料金は、税込みです。

Six_Senses_Douro_Valley_from_the_east(L)

シックスセンシズ ドウロバレー(ポルトガル)
期間:2019715日~722
デラックス・ルーム7泊のリトリート料金:

1室1名様ご利用の場合USD 13,075 (EUR 11,700) ~、1室2名様ご利用の場合USD 21,075 (EUR 18,850) ~

期間:2019113日~10
デラックス・ルーム7泊のリトリート料金:

1室1名様ご利用の場合USD 10,730 (EUR 9,600) ~、1室2名様ご利用の場合USD 18,730 (EUR 16,750) ~

※表示料金は、税込みです。

Aerial_view_of_the_main_pool(L)

シックスセンシズ クラベイアイランド(カンボジア)
期間:2019824日~31日、201992日~9
ハイダウェイ・プールヴィラ・スイート7泊のリトリート料金:

1室1名様ご利用の場合USD 11,210 ~、1室2名様ご利用の場合USD 18,710 ~

※表示料金は、スピードボートの送迎及び各種税が含まれています。ただし、点滴療法は含まれません。

SSSPAhres(L)
シックスセンシズ ホテル リゾート スパグループの新リトリート「Grow a New Body
高解像度の画像はこちらからダウンロードしてください。

リゾートの予約: Six Senses Hotels Resorts Spas 0120-921-324

 

Aerial_View_1_[7641-ORIGINAL]

3月7日、 “神々が棲む島” と讃えられるバリ島では、バリヒンドゥー教の新年「ニュピ」を迎えます。「静寂の日」とも呼ばれるニュピを祝う一連の儀式は、訪れる人々の心を大きく動かします。独特の祭礼が開催されるこの時期に、ぜひシックスセンシズ ウルワツへお越しください。

 
悪魔との闘いや世界を清めるためのオゴオゴ(ogoh-ogoh、張り子人形のお化け)のパレードを見物して、バリ島の伝統文化を体験しましょう。カラフルなこのパレードは島中で行われ、ニュピの一連の儀式の始まりを告げます。シックスセンシズ ウルワツのゲストは、リゾートが位置するペカトゥ地域の村のパレードにご参加いただけます。村まではリゾートの送迎サービスをご利用ください。

Resort_Temple_3_[7651-ORIGINAL]
そしてニュピの当日は、全ての島民が普段の生活の活動を休止し、次の4つの活動の制限により、人々が発する二酸化炭素の排出量を削減します。
amati geni: 火および電灯の使用の禁止。
amati karya: 労働の禁止。ホテルと病院はオープン。
amati lelunganan: 旅行の禁止。全ての住民と訪問者は、自宅または宿泊先に留まること。
amati lelanguan: 娯楽の禁止。禅道にも通じる究極の環境です!

 
シックスセンシズ ウルワツは、ニュピの価値観に沿ったオリジナルのプログラムを提供し、バリ島独自の伝統祭礼の一部として参加できることを大変喜ばしく思います。ニュピの一連の儀式を通じて、自然や他の生物からの恩恵に敬意を表し、その恩返しとして周辺環境の清浄を行い、真の静寂の意味について考えます。解放された霊的存在として新年を迎えることは、何事にも代えがたい素晴らしい体験です。

 
潜在能力の活性化(Rejuvenate)
バリのお正月を祝う「ニュピ・ウェルネス・パッケージ」には、自己の振り返りとマイナス思考からの解放を促すヨガニドラと、60分のボディマッサージが含まれています。ボディマッサージは、ジンジャー、パラ、ガランガルなどのバリのハーブをふんだんに使用した伝統療法を用います。数日間にわたる「Six Senses Integrated Wellness programs」(総合ウェルネス・プログラム)もご用意しています。当プログラムは、最初にウェルネス診断を行い、プログラムを通じてライフスタイルや生活習慣を改善し、ゲストの全潜在能力を引き出すことを目的としています。この期間の特別な体験として、星が輝く夜空の下、屋外パビリオンで行うイブニングトリートメントもお選びいただけます。

 
安眠プログラム(Sleep Program)
質の高い睡眠は、記憶力の向上、ストレスの緩和、適正体重の維持に役立ちます。これらの全てが健康長寿に貢献します。ニュピの期間に実施される「Yogic Sleep program」(ヨガの睡眠プログラム)は、不眠症に悩んでいる方に特にお勧めです。大自然に囲まれてリラックスした環境の中で行うホリスティックなプログラムは、心、身体、魂のバランスを整え、より深い眠りへと導きます。 12019 年3 月| シックスセンシズ ウルワツで「静寂の日」を体験

Yoga_2_[7659-SMALL]
身体を動かすストレッチ・ブレイク(Stretch Breaks)
よりアクティブにニュピを過ごされたいゲスト向けのプログラムも取り揃えています。リゾート専属のウェルネス専門家が指導するプログラムには、ヨガ、プラナヤマ呼吸法、瞑想、空中ヨガ、TRX トレーニング、カーディオエクササイズ、高強度サーキットトレーニング(HIIT)、体幹ワークアウト、パーソナルトレーニングが含まれています。フィットネスセンターは、ニュピ当日もオープンしています。ニュピの翌朝に開催される、澄みきった空気の中芝生の上で行う瞑想は、心身を整えるための最高の体験です。

 
からだに良い食事(Eat Well)
タンパク質の構成成分であるアミノ酸の一種、L-トリプトファンを含む食べ物は、セロトニン(精神を落ち着かせる幸せホルモン)の分泌を活発にし、メラトニン(眠りを誘うホルモン)の働きを促します。食に関する科学的な研究は、総料理長のRicardo Luján シェフと彼が率いるチームにお任せください。新鮮なシーフード、自
家製ヨーグルトやチーズなどこだわりの食材を使用し、ヘルシーで栄養豊富な美味しい料理を提供します。

 
地球への恩返し(Give Back to the Earth)
子供にとって “とどまる” ということは、何か楽しいことを見つけ続けることを意味します。シックスセンシズ ウルワツは、ゲストのお子様が熱中して取り組める文化的なアクティビティーを提供しています。サスティナビリティに関する活動も含まれています。「Grow With Six Senses」(キッズクラブ)のプログラムは、娯楽性と教育的要素の両方を包含しています。「Kids Den hosts」(キッズクラブの引率者)が、生命の創造者への感謝と敬意を表す寺院への捧げもの(canang sari)の準備の仕方を伝授します。「Six Senses WaterBottling Plant」(精製された飲料水の瓶詰め工場)の訪問も、ユニークな体験の一つです。ペットボドルを使用
しないことが、日々のプラスティック使用量の削減にいかに役立つかを学びます。「Earth Lab」(アースラボ)では、栽培について学びます。種を蒔いて育てたものを収穫するというプロセスを知ることができます。オーガニック菜園やキノコ農園での収穫体験は、泥遊びが大好きな子供たちに人気です。収穫した食材を「Crudo Cooking Studio」(クルード・クッキングスタジオ)まで運び、“Farm-to-Table”(農園から食卓へ)をコンセプトにした料理教室で実際に調理します。

Sky_Penthouse_with_Pool_Two_Bedroom_Deck_[8194-ORIGINAL]
シックスセンシズ ウルワツは、103 室のヴィラとスイートを擁します。客室タイプは、スカイヴィラ28 室、1 ベットルームヴィラ62 室、2 ベットルームヴィラ7 室、3 ベットルーム4 室ヴィラ、そして広大なスペシャリティヴィラ、リトリートとレジデンシャルヴィラを備えます。インド洋を見渡せる絶好のロケーションに建ち、地域の文化と自然に溶け込むデザインは、まさにシックスセンシズの真骨頂です。

夢のように楽しい休暇も終わりを迎える時は寂しさを感じるものです。なぜ終わらせなければいけないのでしょうか?シックスセンシズ レジデンスから、この旅行後の憂鬱を解消する素晴らしいニュースをお届けします。それは、世界中の絶好ロケーションを誇るシックスセンシズを“自宅”と呼べるチャンスです!

レジデンスを所有することにより、高いプライバシーに守られたプライベートヴィラまたはアパートに滞在しながら、シックスセンシズ ホテルまたはリゾートのオリジナルアメニティーや特典を全て利用することができます。ウェルネス、サスティナビリティ、非日常体験をブランドの柱に据えるシックスセンシズは、敷地内外に広がる自然や周辺コミュニティと調和する施設を開発し、運営しています。その中でも、シックスセンシズ レジデンスは、各地の地域性に合わせた独自のスタイルを構築し、各居住者に合わせたホスピタリティーを提供することにより、“自宅”と感じていただける特別なステイを実現します。

 
レジデンス居住者は、息をのむほど美しい熱帯の島、雪山リトリート、誰もがうらやむ大都市の中心地など、世界中のベストロケーションをご堪能いただけます。シックスセンシズのレジデンスは、再利用可能な資材や地産の素材を活用し、高効率の水・エネルギー循環システムを完備しています。環境への負荷を軽減する一方で、広々とした空間と快適性を兼ね備えており、自然が導いてくれる理想的な居住空間です。

シックスセンシズホテル リゾート スパ最高経営責任者、ニール・ジェーコブス氏は、新たなレジデンス開発計画について次の通りコメントしています。「シックスセンシズは、非日常的な絶景ロケーションを厳選しながら、当ブランドを支持していただいているゲストのために、プロパティーのポートフォリオを拡大中です。次のステップとして、ゲストが“自宅”と呼べるレジデンスを提供することは、自然な流れだと考えています。不在時には、ホテルルームとして運用することも可能であり、有形資産投資にもなります。」

開発途中の案件も含めて、現在12軒以上のレジデンスプロジェクトが進行中です。レジデンス単独スタイル、ホテルやリゾートとの統合型スタイルの2つのスタイルがあります。いずれのプロジェクトも、シックスセンシズならではのウェルネス・ライフスタイルを提案しています。ヘルシーでクリーンなローカル食材を活かしたEat With Six Senses(6感で味わう食事)、特別な寝室のセットアップで最良の睡眠へ誘うSleep With Six Senses(快適な安眠環境)をお楽しみいただけます。そして、様々なウェルネス専門家が入れ替わり訪れる先駆的なスパの幅広いサービスをご利用いただけます。

 
スタイリッシュなデザインと高い機能性を兼ね備えた各レジデンスは、シックスセンシズ独自のデザインと建築に関する基準を遵守し、環境や周辺地域に配慮して建設されています。各レジデンスに設置されている「アースラボ」には、サスティナビリティに関する評価が掲示されており、レジデンスオーナーに公開しています。また、水陸両方における野生生物の環境保護や生息地の再生活動を含む各種コミュニティプログラムにもご参加いただけます。

 
シックスセンシズ レジデンス ジルパシオンは、すでにオープンしている単独スタイルのレジデンスの一つです。インド洋の真珠と称される、東アフリカ沖に浮かぶセーシェル共和国のプライベートアイランド、フェリシテ島に位置しています。丘の上に建設されたレジデンスからは、極上の景色を一望できます。ベトナムのコンダオ諸島、コンソン島の東海岸に位置するシックスセンシズ レジデンス コンダオは、3~5つの寝室を有するヴィラタイプのレジデンスを擁します。妨げるものが何もない素晴らしいオーシャンビューが目の前に広がります。南太平洋に位置するロマンチックなシックスセンシズ レジデンス フィジーも、同じくヴィラタイプのレジデンスを採用しています。各ヴィラは、2~5つの寝室数を有しています。絵に描いたように美しい高級リゾート地、トルコのエーゲ海を臨むシックスセンシズ レジデンス カプランカヤでは、プライベートヴィラの滞在を通じウェルビーイングに特化したとっておきの体験をサポートします。

ヴィラタイプのレジデンスのほか、アパートタイプも展開しています。フランスのシックスセンシズ レジデンス クールシュヴェルは、世界屈指の高級スキーリゾート地に位置し、1~4つの寝室を有するアパートと、5つの寝室を有するデュプレックスのペントハウスから構成されています。スイスの超高級山岳リゾートにオープン予定のシックスセンシズ レジデンス クラン‐モンタナでは、外国人が別荘として購入できる特別な許可を取得しているレジデンスの販売も開始しています。アパートタイプのレジデンスは、山岳リゾート地に加えて、大都会の中心地でも開発が進められています。シックスセンシズ ニューヨークは、その先駆的な事例です。マンハッタンの中心地、ハドソン川とハイラインの間に位置するチェルシー西部の開発プロジェクトThe XI(ザ・イレブンス)内に位置し、プロジェクトの主要な構成要素として位置づけられています。自然の美しさからインスパイアされたレジデンスは、多彩な天然素材をふんだんに使用した内装となる予定です。ホテル機能は、2020年にオープン予定です。

 
これらの他にも多数のプロジェクトが計画されています。タイ王国の首都バンコクに計画されているシックスセンシズ レジデンス フォレスティアもその一つです。予定地は、静かで落ち着いた環境を有するバンナー地区に位置し、市内の観光文化施設へのアクセスも良い好ロケーションです。ブラジルのシックスセンシズ レジデンス フォルモーザベイは、7キロ続く大西洋のビーチフロントに開発される計画です。シックスセンシズ レジデンス イビサは、イビサ島の最北端、透き通るように美しい静かなCala Xarraca湾に建設が予定されています。コスタリカ共和国のシックスセンシズ レジデンス パパガヨは、大自然の中でエコアドベンチャーが楽しめる自然公園内に計画が予定されています。この他、2軒の開発計画がまもなく公表される予定です。

より詳しい情報は、公式サイトをご覧ください:www.sixsenses.com/residences
周りの自然に溶け込むように建設されているシックスセンシズ レジデンス ジルパシオン(セーシェル共和国)

SSZLPResidence_HRES 1
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

シックスセンシズ レジデンス クールシュヴェル(フランス)、リビングルームのテラスからの神秘的な眺望

SSCHV_HRES 2
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

マンハッタンにそびえ立つシックスセンシズ ニューヨーク

ssnyc 3
高解像度の画像はこのテキストをクリックしてダウンロードしてください。

 

About Six Senses Hotels Resorts Spas
シックスセンシズ(Six Senses)、エバソン(Evason)、シックスセンシズ スパ(Six Senses Spas)のブランド名にて、現在21ヶ国、15軒のリゾートと31軒のスパを運営しています。今後5年間にポートフォリオを3倍に拡大すべく、オーストリア、ブータン、ブラジル、カンボジア、中国、インド、インドネシア、イスラエル、セントクリストファー・ネイビス連邦、スペイン、スイス、台湾、タイ、アメリカで様々なプロジェクトを展開中です。

Six Senses 自然環境と地域社会との共生、サスティナビリティ、ウェルネスとデザインへのコミットメントを理念に掲げ、企業の社会的責任を遂行する徹底したスタンスにより、自然派ラグジュアリーリゾートの先駆者として名を馳せています。島滞在型リゾート、山岳リトリート、都市型リゾートなど個性あふれるリゾートを展開しています。どのタイプのリゾートにおいても、ゲストが自然や文化に溶け込めるようデザインされており、各地の地域性を生かした斬新かつ独創的な体験をお楽しみいただけます。

Six Senses Spas ウェルネス業界に於けるリーディングカンパニーとして、熟練のセラピストのもと地域の伝統療法を活かしたホリスティックウェルネス、リジュベネーション、ビューティートリートメントを提供しています。すべてのシックスセンシズリゾート内に併設されているほか、16軒の独立型スパを運営しています。セラピストの高い技術力とハイテク機器を合わせたアプローチにより、ナチュラル感あふれる癒しの空間の中で、ゲストをより深いウェルビーイングへと導きます。

Evason シックスセンシズの理念を継承しつつ、家族連れや友人同士の旅行からハネムーナーまで幅広い客層のゲストに満喫していただけるカジュアルなラグジュアリーリゾートです。現在、2軒のリゾートをエバソン(Evason)ブランド名にて運営しています。ご家族でお楽しみいただける思い出に残る体験を幅広く提供しています。

リゾートの予約: Six Senses Hotels Resorts Spas 0120-921-324

問い合わせ: japan@sixsenses.com(日本語対応)

メディア関連の問い合わせ: ケントス・ネットワーク 03-3403-5328 / info@kentosnetwork.co.jp