1

来る9月、モルディブの伝説のラグジュアリーリゾート、フヴァフェンフシは1年に渡る大規模な改修を遂に完了させます。改装され、リフレッシュされ、活気がよみがえり、大幅にアップグレードされる、まさに#HuvafenReimagined(新たなフヴァフェンフシ)。グローバルなラグジュアリートラベル界のトップアイコンの一員として戻ってきました。

2

10年以上前にオープンしたフヴァフェンフシは、このアイコン的存在の島に魅了された目利きのトラベラーに高く評価されてきました。この大規模改修を経て、ファッショナブルなグローバルアイコンとして褪せることのない輝きや魅力が再び取り戻され、グラマラスな大人の世界に憧れる若い洗練された世代をも夢中にさせます。

宿泊

フヴァフェンにはゲストをうっとりとさせる、プライベートプールを配した44棟のモダンなヴィラをご用意しています。今回インテリアは一新され、リビングエリアには新たな調度品が並び、改修されたバスルームにはボッテガヴェネタのアメニティが揃い、さらにグレードアップしました。またセンセーショナルな1泊17,000ドルの『プレイペン(遊び場)』グランド・ビーチ・パビリオンでは、ゲストを誘う究極のモルディブ体験がお待ちしています。Pleasure(楽しみ)を建築で表現したプレイペン グランド・ビーチ・パビリオンは、変化し続けるニューヨークのロフト・スタイルとノスタルジーを感じるネオ・パリジャンのヴィンテージを愛する心が組み合わさり、個々の家具にもこだわっています。

3

フヴァフェン・スパ

リゾート伝説のスパはフヴァフェン・スパとして生まれ変わりました。ラグーンの上、空調された受付のパビリオンより、新しくなった水上のトリートメントルームにゲストをご案内します。新しいヴァイタリゼ−ション・リラクゼーションエリアには女性用、男性用のウェットエリア、スチーム&サウナルーム、加えて新しく完成した『リバイタライジング・アディティブ・ウェルネス』キュイジーヌに特化したRAWカフェが設けられました。

4

フヴァフェン・スパの中心部で、世界初として有名な水中トリートメントルームは、『パール』として一新され、より豊かな体験を求めて訪れるウェルネスのプロにとっても他とは一線を画す宝物のような場所です。豊富に揃うリチュアルやトリートメントに身をゆだねつつ、熱帯魚や海中生物が珊瑚の周囲を踊るように泳ぎ回る様子をお楽しみいただけます。東洋と西洋のマッサージ法を組み合わせたBeata Aleksandrowiczの人気施術のPURE Massageや、数々のセレブに愛されるTeresa TarmeyのTTフェイシャルのような、世界的に有名なフェイシャルトリートメントを提供します。

5

さらにフヴァフェン・スパは、モルディブの伝統的なヒーリング・レシピをもとにした新しいモルディブ・シグネチャー・トリートメントを完成させました。ウェルビーイングと官能を意味する『Dhimaalis』は90分のトリートメントで、フヴァフェンのビーチの砂とモルディブの伝統的な薬草、ディヴィ・ベイズ(Dhivi beys)を使用した優しいボディスクラブからスタートします。スクラブはラグーンの海水に浸かることで流され、トリートメントは肌を清浄し、スピリットを覚醒させることでしょう(1人US$225++)。このトリートメント専用の、ビーチフロントロケーションのトリートメントパビリオンも増設されました。

食事とドリンク

プールサイドのUMBarや、地下のワイン宝庫Vinum等、島のセンシュアリティを新たに意識したフヴァフェンフシの人気ダイニング体験には、ラテン風のノリで楽しめるモダンIZAKAYAスタイルのFeeling Koiが加わり、さらに強化されました。姉妹リゾート、アミラフシのシグニチャーレストランでもあるFeeling Koiには、世界初のモルディブ人日本酒認定ソムリエ(サケソムリエ)が2人常駐しており、モルディブ最大の日本酒コレクションを通じ、新しい感覚にめぐりあう旅へご案内します。 世界ナンバーワン バーテンダーに輝いた日本人バーテンダーの金子道人氏による、オリジナルカクテル、フィーリングコイ・ブロッサムはマストトライの逸品です。

エンターテイメント

どこまでも広がる青い空と海に魅了された冒険家たちは、FLOATにて様々な海の誘いに応えることができるようになりました。手作りのモルディブの伝統的なヨット、ドーニ帆船でのクルージング。エアコン完備の優雅かつスピード感あふれる45フィートのイタリア船、ヴェローチェに乗り、波を切り裂くスリリングな体験。きらめく波間はカヤックやパラセーリング、カタマラン(双胴船)、ボードで踊るように戯れ、さらに透明度抜群の海を潜れば、光る様々な形や天上の陽光、さらに水中世界の穏やかな巨大生物たちを発見することができるでしょう。

木々の間からはフヴァフェンの秘密がさらにたくさん見えてきます。ロヌ・ヴェヨの海水プールの上に自由に浮かんで過ごし、島の静かな場所で精神のマインドフルネスを鍛えるなど、お勧めのアクティビティが満載です。『ザ・レア』では人気小説を読みふけり、『パンプ・ジム』ではレッスンを通じてアドレナリンを放出・・・と、フヴァフェンで過ごす時間はどの一瞬もスナップ写真のように夢のように思い出に残ることでしょう。

フヴァフェンフシは16歳以上限定の大人の為のリゾートで、プール付きのビーチバンガローでの宿泊は、1部屋1泊US$1,100++(朝食付、2名での利用)よりご用意しています。

 詳細やご予約はwww.huvafenfushi.com または stay@huvafenfushi.com までどうぞ

 #HuvafenReimagined

フィノール、モルディブでは、様々な期待が高まる中、「1OAKアイランド」のオープンに向け着々と準備が進められています。「1OAKアイランド」は1OAK(ワン・オーク、ニューヨークが1号店)と#1OAKMaldivesとのパートナーシップで開催される “サマー・ラヴィング・ビーチ・フェスティバル” です。3日間、フィノールは1OAKアイランドとして生まれ変わり、ワールドクラスのエンタテインメントやA級パフォーマンス、オーシャンサイド・ディナーが毎日催され、ユニークな刺激にあふれる究極のトロピカル・オアシスへと変貌を遂げます。

f1

 イベントは7月28日にスタートし、初日は#BAREFOOTANDBEAUTIFUL(裸足でビューティフル)な一日として、プールパーティー、宝探し、そしてブルース・リーにちなんだディナーが催されます。ゲストは星空の下で行われる80年代風グラム・パーティーで往年のディスコ・ヒッツに揺られ、古き良き時代へタイムスリップしてしまうことでしょう。

f2

 2日目は太陽の光を浴びながら、島の人気スポットであるフィッシュ&クラブ・シャックでお楽しみください。ビーチバレーや各種ゲーム、ウォーター・ライドで自分の中に残る子ども心を存分に開放して遊び、また軽食や特別なカクテルを味わいながらのんびりとお過ごしいただけます。夜の会場はバア・バア・ビーチ・ダイナーへと場所を移し、フード・トラックが提供するリラックスしたディナーを楽しんだあと、グラミー賞アーティストであるロビン・シックの素晴らしい曲に酔いしれ、ここでしか体験できないスペシャルなナイト・ダンスを満喫してください。

特別なウイークエンドの最終日である7月30日は、60年代、70年代を代表する女性アーティストの懐かしいメロディーを聴きながら、タロット占いやプールサイドのスパ・トリートメントでゆったりとおくつろぎいただきます。

f3

 「このように特別な夏を演出するお手伝いができることを本当に嬉しく思っています。1OAKモルディブとの初年度は本当に素晴らしく、これからも共に数々のイベントを成功させていきたいと考えています。」とバター・グループの創設者のリッチー・アキヴァはコメントしています。

ナイトライフビジネスの第一人者であり、バター・グループの創設者であるリッチー・アキヴァは、「1OAKアイランド」をスタートさせ、ナイトライフとホスピタリティのレベルを引き上げました。アキヴァと1OAKのブランドは、ロニー・マドラ、ダレン・デンシャルやエリ・パチーノら、グローバルなパートナーとともに日々進化を続ける業界のトップに常に君臨し続け、その時代にふさわしいセレブなホットスポットを提供しています。

ニューヨークのフラッグシップ店を皮切りに、これまでラスベガス、ロサンゼルス、メキシコ・シティに出店、さらにこの夏には東京(http://www.1oaktokyo.com)にもオープンを予定し、コーチェラ、スーパーボウル、アブダビ、モナコ、パリ、カンヌ、イビザ、アートバーゼルにもポップアップ・ストアがオープン、と急激な成長を見せている1OAK。ビヨンセ、Jay-Z、マドンナ、ケイティ―・ペリー、カニエ・ウエスト、リアーナ、ケイト・ハドソン、ハル・ベリーと名だたるハリウッドのセレブやVIPのお気に入りの場所としても有名です。

フィノールの125棟のスタイリッシュなヴィラは、全てオーシャン、ラグーン、またはビーチに面し、ヴィラは1ベッドルーム、または2ベッドルーム、加えてプールの有無をお選びいただけます。人生を楽しむことに徹したこのリゾートでは、様々な選択肢をご用意しています。

1OAKビーチクラブのプールサイドやビーチで、「バア・バア・ビーチ・ダイナー」のライブクッキングステーションでゆっくりと朝食、ランチ、ディナーを楽しめば、リゾートに常駐する人魚や竹馬パフォーマーが驚きのパフォーマンスを披露します。他にもフィノール自慢の1.8キロも続く砂州の突端に位置する素朴でシックなグルメスポット「フィッシュ&クラブ・シャック」や、まるで劇場のようなアジアン・ダイニング「カヌサン」、魅惑的なマグレブ料理を提供するブティックスタイルの「バアハア・グリル」などでお食事をお楽しみください。

フィノールのマリーンHUB(ホーム・オブ・アンダーウォーター・バイオスフィア)では、ダイビング、シュノーケリングやその他エクスカーション等、最高のウォーター・アクティビティをご用意しています。幼児からティーンまで楽しめるオーシャニアズ・クラブでは、島に滞在する子どもたちにふさわしいメニューが盛りだくさんです。ひたすらパワーやアクションを求めるゲストは、パームビーチまで足を運び、ウォータースポーツやビーチゲームが満載のサンダーボールでお楽しみください。

シャンデリアが輝く10のパステルカラーのビーチ・ディヴァン(キャビン)からなるザ・コーヴ・クラブには、フィットネスセンター、ムーヴメント・パビリオン、屋外にある「パーム・ビーチ・ジム」、さらにマッサージ、ムーヴメント、リラックスが薬のように効果をもたらす落ち着いたレトロな雰囲気のリバイバル(回復)エリアが完備されています。

サマー・ラヴィン・ビーチ・フェスティバルの前に到着してリラックスした時間をご希望の方、またはお祭り騒ぎの後に延泊し、静かな休息をお望みのゲストには、ベストアベイラブルレートから50%割引の特別価格に加え、朝食付きまたは1泊2食、ドリンク付きのタイプからお選びいただける#SummerLovinFinolhuパッケージをご利用いただけます。

フィノール、1OAKアイランドのご予約はstay@finolhu.mvまでどうぞ