世界に9つのラグジュアリーホテルを所有するドーチェスターコレクションのパリのホテル、ル・ムーリスはこの度、29部屋をリノベーションしました。最上階に位置するルーフトッ プスイートルーム、ベル・エトワール 620 平米の広さを誇り、このスイートからは、パリを 360 度見渡せます。今回のリノベーションは、ル・ムーリスの 200 年の歴史の中で、ホテルをこよなく愛してきた、芸術家や思想家にインスピレーションを受けてデザインされました。

1

ル・ムーリス、パリ

18 世紀のクラシカルな内装とコンテンポラリーシックが美しく融合したル・ムーリスの客室は、1835 年より進化し続けしています。ル・ムーリスはフランス伝統のパラスホテルに求められるエレガンスを体現しています。目の前に広がるチュイルリー公園やルーヴル美術館、エッフェル塔など、パリの歴史的建造物を全て眺められる絶好のロケーションを誇ります。回転ドアを潜り抜けた瞬間、ホテルに漂う空気を感じると、ル・ムーリスが、サルヴァ ドール・ダリやパブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホールからファレル・ウィリアムスまで、多彩な芸術家や思想家に愛され続けてきた理由が分かります。ル・ムーリスでは館内にアートが溢れています。長い歴史の中で多くの芸術家たちがこの場所に集ってきました。パブリックエリアを手掛けたデザイン界の風雲児フィリップ・スタルクと、全ての部屋の内装を担当したインテリアデザイナー、シャルル・ジューフルのセンスがあらゆるところに光ります。ガストロノミーもまた、アートの域に達しています。ミシュランガイドで 2 つ星を誇るレストラン、ル・ムーリス アラン・デュカスでは、総料理長のジョスラン・エルランがパリで最も美しいと謳われているダイニングルームで腕を振るい、スターパティシエのセドリック・グロレは日々斬新なパティスリーを生み出しています。

2

内装

3

この度の改装で、29の部屋とスイートルームが生まれ変わりました。全て 3 階から 6 階に位置し、各部屋よりパノラミックビューを楽しんで頂けます。ル・ムーリスの内装は10年前よりデザイナーのシャルル・ジューフルに託されています。オペラ・ガルニエの素晴らし いカーテンやエリゼ宮のサロンをも手掛けた彼は、今回の改装を、若いデザイナーカップル、ステュディオ       ラリ&ベルジェ(Studio Lally & Berger) に託しました。フランスの職人技を愛するこの二人のデザイナーは、2  年前にもル・ムーリスとコラボレーションをして、ポンパドゥール・スイートを完成させています。デザイナーたちは、“現代のヴェルサイユ宮殿” という軸を基に、エレガントでありながら斬新な空間作りを目指しました。自然光を最大限 に取り込み、シルクや、ダマス織、ベルベットといった素材をふんだんに取り入れました。 家具は全てオーダーメイドで、壁にはパリ市の歴史を辿る絵やデッサンが飾られています。

4 5

“この改装で大切にしたコンセプトは、ル・ムーリスの歴史が始まった時代である 18 世紀フランスのスタイルに忠実でいることでした。華美な装飾をできるだけ取り除き、現代の空気感を纏わせるために、モダンな色彩や素材を加えました。また、全てに快適さを追求したテクノロジーを取り入れました。ライティングの調整や、生地の質感、美術品など、素材の組み合わせやバランスを考えて作っています。例えば生地は、通常ホテルの部屋には使われないような最高級のものばかりです。お客様に快適性をご提供するのは当然のことですが、細部まで手を掛けた上質な内装によって、200 年の伝統を誇るル・ムーリスの歴史と拘りを五感で楽しんで頂ける空間になったと思っています。” 総支配人フランカ・ホルトマン

 6

ロケーション

リノベーションされた全ての部屋からパリを一望でき、最も美しいパリの歴史的建築物を楽しめます。ルーヴル美術館、エッフェル塔、アンヴァリッド、凱旋門、そして目の前に広がるチュイルリー公園。日が暮れると、パリの街が宝石のように輝きだし、ここは光の街パリなのだと確信して頂けます。

ベル・エトワール・スイート

フランス語で美しい星を意味する名前の通り、この 7 階に位置するスイートは溜息の出る美しさです。ベル・エトワールは、洗練の代名詞であり、パリを 360 度眺められる景色は心に残る想い出となるでしょう。ブロンズやシルバー、高品質オーク材をふんだんに使った内装には、アトリエ シャルル・ジューフルによってオーダーメイドで作られた上質な家具を置いています。ダイニングスペースには、ギャラリー・ナタリー・オバディアの現代アーティスト、キャロル・ベンザケンのカラフルな作品が飾られています。10 名までディナーできる空間で、続くサロンスペースではホームシネマを楽しめます。ベッドルームからはサクレ・クール寺院とオペラ座を眺められ、総大理石のバスルームでリラックスして頂けます。

7

このスイートのもう一つの素晴らしい魅力は 295 平米のテラスです。フランスの有名なガーデンデザイナーであるピエール・アレクサンドル・リセール(Pierre-Alexandre Risser) が手掛けたテラスは、まるで天空の庭のようです。ベル・エトワールは合計で 620 平米で、パリで最も大きいスイートの一つとなります。新鮮なル・ムーリスへどうぞお越しください!

9 10

シックスセンシズホテルリゾートスパグループは、キャニオン・グループと提携し、中米に於いて初となるシックスセンシズ パパガヨを開発することを発表しました。シックスセンシズらしいサスティナブルかつラグジュアリーを極めたリゾートを開発し、日常の喧騒から遠く離れたエココンシャスなプライベート空間で人生を大いに楽しみたいゲストに対し、新しいアドベンチャーをご提案します。

VIEW 01_UPDATE 03
930ヘクタールのパパガヨ半島は、息をのむほどの圧倒的な美しさを誇り、開発と保全のバランスが素晴らしい世界屈指の高級リゾート地として常に高く評価されています。24キロメートルの長い手つかずの海岸線とエキゾチックなビーチが特徴的なパパガヨ半島には、リゾートやレジデンスがひっそりと点在しています。半島全体の開発が完了しても、70パーセントの土地は自然のままの姿が維持される予定であり、大自然との共存が半島の大きな魅力です。

パパガヨ半島のユニークなランドマークとして期待されているシックスセンシズ パパガヨの敷地は、半島の最も高い場所からビーチまで広がり、グアナカステ諸島を360度見渡せるパノラマビューが圧巻です。広々としたプライベートプールを備える全41室のヴィラは、自然に溶け込むように森林に覆われたビーチに点在する形で建設されます。また、購入可能な31棟の個性豊かなレジデンスは、パパガヨ半島ならではのリゾートライフを満喫できる絶好の投資機会です。

地域特性に基づいたシックスセンシズ独自のウェルネスプログラムが、リゾートの中核サービスとして準備されています。美しいスパやフィットネスセンター、そして数えきれないほど多岐にわたる屋内外でのアクティビティをご用意します。敷地の中心部に設けるオーガニック農園では、果物や野菜、ハーブなどを栽培し、レストランのメニューやスパトリートメントの材料に使用される予定です。また、ビーチでの華やかなパーティーから、大切な方とのんびりと過ごす時間まで、コミュニティとセレブレーションを重視した多彩なサービスもご提供します。

「中米での初プロジェクトに興奮を隠しきれません。」とシックスセンシズ ホテル リゾート スパグループCEOのニール・ジェイコブスは述べています。「シックスセンシズが持つブランドバリューは、コスタリカのサスティナビリティに対するコミットメントとプラビタ文化の要素を包含しています。我々は、コスタリカの社会・経済の活性化に貢献する一方で、いかなる活動においても、自然とコスタリカの文化や歴史保全への影響を最初に自問します。もしこの問いに答えられない場合は、私たちはその活動を実施しません。シックスセンシズは、世界中のどのロケーションでも、この徹底したスタンスで開発と運営を行っています。旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」の読者投票でトップブラントに選ばれ続けているのは、その姿勢が評価されているからだと思います。」

シックスセンシズ パパガヨは、カリフォルニア・ラークスパーのキャニオン・グループが所有し開発を進めています。キャニオン・グループは、ユニークなロケーションの最高級ブティックリゾートの買収や開発を得意とし、ユタ州とワイオミング州の有名なアマンギリリゾートがコアポートフォリオです。この度のシックスセンシズ パパガヨの開発は、コスタリカで最も有名な開発会社であるガルニエ・グループとチームを組んでいます。

キャニオン・グループCEOのHomi Vazifdar氏は次の通りコメントしています。「このリゾートは、国、地域、ブランド、出資関係者の全てにおいて非の打ち所がない最高のプロジェクトです。シックスセンシズ及びガルニエ・グループと一緒に、中南米延いては世界においても最も素晴らしく、高い注目を集めるプロジェクトに取り組めることを大変喜ばしく思います。この経験を生かして、次のプロジェクトも一緒に取り組めることを期待しています。」

リゾートのデザインは、ロンドンを拠点とする著名な建築家ジョン・ヘア氏が担当します。シックスセンシズとキャニオン・グループの両社は、ジョン・ヘア氏の任命を発表できることを大変喜んでいます。ヘア氏は、劇場演出的な優れた感性とデザインと自然を芸術的に調和させる高い能力が評価され、数多くの賞に輝いています。近代建築を代表するカルロ・スカルパやエド・タットル、そしてフランク・ロイド・ライトから深い影響を受けたスタイルが特徴的で、素晴らしいポートフォリオの中でも、インドネシアのフォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤンやドミニカ共和国のアマネラが代表作として広く知られています。

中米のスイスと呼ばれるコスタリカは、有意義で忘れられない場所、或いは“一度立ち止まり考える”体験を求めるトラベラーが集う観光地として広く認識されています。何マイルにも広がるビーチ、世界有数の広大な熱帯雨林、雄大な山々、火山、湖、起伏の多い地形を有し、国土の約27%は自然保護区です。コスタリカの自然の豊かさを示す最も印象的なデータは、国土の占有率が地球表面のわずか0.025%であるにも関わらず、世界の生物学的多様性における占有率は6%も占めている点でしょう。

シックスセンシズ パパガヨは、リベリアの国際空港から40分の距離です。リベリアとアメリカの主要都市、カナダ、中南米諸国間のフライトは毎日運航されています。

シックスセンシズ パパガヨは、2021年のオープンを予定しています。

1

来る9月、モルディブの伝説のラグジュアリーリゾート、フヴァフェンフシは1年に渡る大規模な改修を遂に完了させます。改装され、リフレッシュされ、活気がよみがえり、大幅にアップグレードされる、まさに#HuvafenReimagined(新たなフヴァフェンフシ)。グローバルなラグジュアリートラベル界のトップアイコンの一員として戻ってきました。

2

10年以上前にオープンしたフヴァフェンフシは、このアイコン的存在の島に魅了された目利きのトラベラーに高く評価されてきました。この大規模改修を経て、ファッショナブルなグローバルアイコンとして褪せることのない輝きや魅力が再び取り戻され、グラマラスな大人の世界に憧れる若い洗練された世代をも夢中にさせます。

宿泊

フヴァフェンにはゲストをうっとりとさせる、プライベートプールを配した44棟のモダンなヴィラをご用意しています。今回インテリアは一新され、リビングエリアには新たな調度品が並び、改修されたバスルームにはボッテガヴェネタのアメニティが揃い、さらにグレードアップしました。またセンセーショナルな1泊17,000ドルの『プレイペン(遊び場)』グランド・ビーチ・パビリオンでは、ゲストを誘う究極のモルディブ体験がお待ちしています。Pleasure(楽しみ)を建築で表現したプレイペン グランド・ビーチ・パビリオンは、変化し続けるニューヨークのロフト・スタイルとノスタルジーを感じるネオ・パリジャンのヴィンテージを愛する心が組み合わさり、個々の家具にもこだわっています。

3

フヴァフェン・スパ

リゾート伝説のスパはフヴァフェン・スパとして生まれ変わりました。ラグーンの上、空調された受付のパビリオンより、新しくなった水上のトリートメントルームにゲストをご案内します。新しいヴァイタリゼ−ション・リラクゼーションエリアには女性用、男性用のウェットエリア、スチーム&サウナルーム、加えて新しく完成した『リバイタライジング・アディティブ・ウェルネス』キュイジーヌに特化したRAWカフェが設けられました。

4

フヴァフェン・スパの中心部で、世界初として有名な水中トリートメントルームは、『パール』として一新され、より豊かな体験を求めて訪れるウェルネスのプロにとっても他とは一線を画す宝物のような場所です。豊富に揃うリチュアルやトリートメントに身をゆだねつつ、熱帯魚や海中生物が珊瑚の周囲を踊るように泳ぎ回る様子をお楽しみいただけます。東洋と西洋のマッサージ法を組み合わせたBeata Aleksandrowiczの人気施術のPURE Massageや、数々のセレブに愛されるTeresa TarmeyのTTフェイシャルのような、世界的に有名なフェイシャルトリートメントを提供します。

5

さらにフヴァフェン・スパは、モルディブの伝統的なヒーリング・レシピをもとにした新しいモルディブ・シグネチャー・トリートメントを完成させました。ウェルビーイングと官能を意味する『Dhimaalis』は90分のトリートメントで、フヴァフェンのビーチの砂とモルディブの伝統的な薬草、ディヴィ・ベイズ(Dhivi beys)を使用した優しいボディスクラブからスタートします。スクラブはラグーンの海水に浸かることで流され、トリートメントは肌を清浄し、スピリットを覚醒させることでしょう(1人US$225++)。このトリートメント専用の、ビーチフロントロケーションのトリートメントパビリオンも増設されました。

食事とドリンク

プールサイドのUMBarや、地下のワイン宝庫Vinum等、島のセンシュアリティを新たに意識したフヴァフェンフシの人気ダイニング体験には、ラテン風のノリで楽しめるモダンIZAKAYAスタイルのFeeling Koiが加わり、さらに強化されました。姉妹リゾート、アミラフシのシグニチャーレストランでもあるFeeling Koiには、世界初のモルディブ人日本酒認定ソムリエ(サケソムリエ)が2人常駐しており、モルディブ最大の日本酒コレクションを通じ、新しい感覚にめぐりあう旅へご案内します。 世界ナンバーワン バーテンダーに輝いた日本人バーテンダーの金子道人氏による、オリジナルカクテル、フィーリングコイ・ブロッサムはマストトライの逸品です。

エンターテイメント

どこまでも広がる青い空と海に魅了された冒険家たちは、FLOATにて様々な海の誘いに応えることができるようになりました。手作りのモルディブの伝統的なヨット、ドーニ帆船でのクルージング。エアコン完備の優雅かつスピード感あふれる45フィートのイタリア船、ヴェローチェに乗り、波を切り裂くスリリングな体験。きらめく波間はカヤックやパラセーリング、カタマラン(双胴船)、ボードで踊るように戯れ、さらに透明度抜群の海を潜れば、光る様々な形や天上の陽光、さらに水中世界の穏やかな巨大生物たちを発見することができるでしょう。

木々の間からはフヴァフェンの秘密がさらにたくさん見えてきます。ロヌ・ヴェヨの海水プールの上に自由に浮かんで過ごし、島の静かな場所で精神のマインドフルネスを鍛えるなど、お勧めのアクティビティが満載です。『ザ・レア』では人気小説を読みふけり、『パンプ・ジム』ではレッスンを通じてアドレナリンを放出・・・と、フヴァフェンで過ごす時間はどの一瞬もスナップ写真のように夢のように思い出に残ることでしょう。

フヴァフェンフシは16歳以上限定の大人の為のリゾートで、プール付きのビーチバンガローでの宿泊は、1部屋1泊US$1,100++(朝食付、2名での利用)よりご用意しています。

 詳細やご予約はwww.huvafenfushi.com または stay@huvafenfushi.com までどうぞ

 #HuvafenReimagined

フィノール、モルディブでは、様々な期待が高まる中、「1OAKアイランド」のオープンに向け着々と準備が進められています。「1OAKアイランド」は1OAK(ワン・オーク、ニューヨークが1号店)と#1OAKMaldivesとのパートナーシップで開催される “サマー・ラヴィング・ビーチ・フェスティバル” です。3日間、フィノールは1OAKアイランドとして生まれ変わり、ワールドクラスのエンタテインメントやA級パフォーマンス、オーシャンサイド・ディナーが毎日催され、ユニークな刺激にあふれる究極のトロピカル・オアシスへと変貌を遂げます。

f1

 イベントは7月28日にスタートし、初日は#BAREFOOTANDBEAUTIFUL(裸足でビューティフル)な一日として、プールパーティー、宝探し、そしてブルース・リーにちなんだディナーが催されます。ゲストは星空の下で行われる80年代風グラム・パーティーで往年のディスコ・ヒッツに揺られ、古き良き時代へタイムスリップしてしまうことでしょう。

f2

 2日目は太陽の光を浴びながら、島の人気スポットであるフィッシュ&クラブ・シャックでお楽しみください。ビーチバレーや各種ゲーム、ウォーター・ライドで自分の中に残る子ども心を存分に開放して遊び、また軽食や特別なカクテルを味わいながらのんびりとお過ごしいただけます。夜の会場はバア・バア・ビーチ・ダイナーへと場所を移し、フード・トラックが提供するリラックスしたディナーを楽しんだあと、グラミー賞アーティストであるロビン・シックの素晴らしい曲に酔いしれ、ここでしか体験できないスペシャルなナイト・ダンスを満喫してください。

特別なウイークエンドの最終日である7月30日は、60年代、70年代を代表する女性アーティストの懐かしいメロディーを聴きながら、タロット占いやプールサイドのスパ・トリートメントでゆったりとおくつろぎいただきます。

f3

 「このように特別な夏を演出するお手伝いができることを本当に嬉しく思っています。1OAKモルディブとの初年度は本当に素晴らしく、これからも共に数々のイベントを成功させていきたいと考えています。」とバター・グループの創設者のリッチー・アキヴァはコメントしています。

ナイトライフビジネスの第一人者であり、バター・グループの創設者であるリッチー・アキヴァは、「1OAKアイランド」をスタートさせ、ナイトライフとホスピタリティのレベルを引き上げました。アキヴァと1OAKのブランドは、ロニー・マドラ、ダレン・デンシャルやエリ・パチーノら、グローバルなパートナーとともに日々進化を続ける業界のトップに常に君臨し続け、その時代にふさわしいセレブなホットスポットを提供しています。

ニューヨークのフラッグシップ店を皮切りに、これまでラスベガス、ロサンゼルス、メキシコ・シティに出店、さらにこの夏には東京(http://www.1oaktokyo.com)にもオープンを予定し、コーチェラ、スーパーボウル、アブダビ、モナコ、パリ、カンヌ、イビザ、アートバーゼルにもポップアップ・ストアがオープン、と急激な成長を見せている1OAK。ビヨンセ、Jay-Z、マドンナ、ケイティ―・ペリー、カニエ・ウエスト、リアーナ、ケイト・ハドソン、ハル・ベリーと名だたるハリウッドのセレブやVIPのお気に入りの場所としても有名です。

フィノールの125棟のスタイリッシュなヴィラは、全てオーシャン、ラグーン、またはビーチに面し、ヴィラは1ベッドルーム、または2ベッドルーム、加えてプールの有無をお選びいただけます。人生を楽しむことに徹したこのリゾートでは、様々な選択肢をご用意しています。

1OAKビーチクラブのプールサイドやビーチで、「バア・バア・ビーチ・ダイナー」のライブクッキングステーションでゆっくりと朝食、ランチ、ディナーを楽しめば、リゾートに常駐する人魚や竹馬パフォーマーが驚きのパフォーマンスを披露します。他にもフィノール自慢の1.8キロも続く砂州の突端に位置する素朴でシックなグルメスポット「フィッシュ&クラブ・シャック」や、まるで劇場のようなアジアン・ダイニング「カヌサン」、魅惑的なマグレブ料理を提供するブティックスタイルの「バアハア・グリル」などでお食事をお楽しみください。

フィノールのマリーンHUB(ホーム・オブ・アンダーウォーター・バイオスフィア)では、ダイビング、シュノーケリングやその他エクスカーション等、最高のウォーター・アクティビティをご用意しています。幼児からティーンまで楽しめるオーシャニアズ・クラブでは、島に滞在する子どもたちにふさわしいメニューが盛りだくさんです。ひたすらパワーやアクションを求めるゲストは、パームビーチまで足を運び、ウォータースポーツやビーチゲームが満載のサンダーボールでお楽しみください。

シャンデリアが輝く10のパステルカラーのビーチ・ディヴァン(キャビン)からなるザ・コーヴ・クラブには、フィットネスセンター、ムーヴメント・パビリオン、屋外にある「パーム・ビーチ・ジム」、さらにマッサージ、ムーヴメント、リラックスが薬のように効果をもたらす落ち着いたレトロな雰囲気のリバイバル(回復)エリアが完備されています。

サマー・ラヴィン・ビーチ・フェスティバルの前に到着してリラックスした時間をご希望の方、またはお祭り騒ぎの後に延泊し、静かな休息をお望みのゲストには、ベストアベイラブルレートから50%割引の特別価格に加え、朝食付きまたは1泊2食、ドリンク付きのタイプからお選びいただける#SummerLovinFinolhuパッケージをご利用いただけます。

フィノール、1OAKアイランドのご予約はstay@finolhu.mvまでどうぞ